« 2010/9/12 ツール・ドM・屋久島 第1ステージ | トップページ | 2010/9/14 ツール・ドM・屋久島 第3ステージ »

2010.09.20

2010/9/13 ツール・ドM・屋久島 第2ステージ

宮之浦岳登山の翌日は、白谷雲水峡から辻峠経由で縄文杉を見に行きました。

前日と同様に弁当を2食分購入して4時半に出発。まずは自転車で安房から白谷雲水峡まで走りました。

P1070339

前日の疲れが残っているのか、白谷雲水峡への登りがきつかったです。

谷間を大きく迂回するように道が伸び、その後は宮之浦の街明かりを左手に見ながら進んでいきます。

P1070341

白谷雲水峡に到着。登山スタイルに着替え、6時47分に山歩き開始。

P1070347 P1070350

川沿いに設けられた爽快なトレッキングコース。

P1070357

苔に覆われた岩と、その間を流れる清流。良い雰囲気です。

途中にいくつか分岐点がありますが、全て辻峠方面への最短路を通りました。

P1070360

くぐり杉。

その後、白谷小屋のそばを通過して奥へと進みます。

P1070364

P1070366

「苔の森」という、うっそうとした森の中。映画「もののけ姫」の舞台のモチーフになったことから、「もののけの森」とも呼ばれます。

今にも”もののけ”が出てきそうな神秘的なところです。

この日は一日中、米良和義の歌声が頭の中でリピートしていました。

P1070370

辻峠。

まっすぐ進めば「楠川分れ」に至り、荒川口からの縄文杉コースに合流します。左に曲がれば太鼓岩への登り。

峠にザックを置いて、太鼓岩を目指しました。

P1070375

太鼓岩は展望のきく人気スポット。10人くらいの先客がいました。

到着した時には目の前に虹が出ていたのですが、あわててポケットからカメラを取り出して構えた時にはすでにほとんど消えてしまっていました。

辻峠まで戻り、今度は楠川分れ方面へ歩きました。

P1070385

縄文杉登山のメインルートに合流。

大株歩道入口までの小一時間、延々とトロッコ軌道を歩きました。

P1070387 P1070391

トロッコ軌道の途中にある屋久杉。左は三代杉、右は仁王杉。

三代杉を過ぎてしばらく歩いたところに近道があります。

近道はやや険しい道で、近道が終わってトロッコ軌道に出てきたところで大勢のツアー客が休憩していました。休憩するくらいなら、そのままトロッコ軌道を大回りして休憩なしで歩いたほうが早くて楽なような気もしますが…。

P1070393

追い抜こうにも追い抜けない30人くらいの行列。

縄文杉を見に行くハイカーで混雑するルートです。GWや夏休みシーズンほどではないけれども、9月の平日でも長い行列ができていました。

P1070395

大株歩道に入ると本格的な登山道になります。滑りやすい道なので、登山用の靴が必須です。

P1070399

3日ほど前に突如倒壊した翁杉。

P1070401 P1070404

人気のウィルソン株。人気の秘密は空洞内から見上げた穴の形にあります。

ハート型に見えるそうですが、どこからどう見たらそんな形に見えるのやら…。

P1070415

ツアーのガイドの説明を聞いてツアー客が上を見上げています。何かと思って一緒に見上げてみたら、メデューサといわれる杉でした。

P1070420

同じような不思議な形の杉が、ほかにも何本もありました。

P1070421

きつめの登りが続きます。勾配のきつい箇所には階段が整備されているので這いつくばって登るような急登はありません。

P1070422 P1070423

固有名詞のついた屋久杉以外にも見どころは満載。

P1070426

P1070428

大王杉。そのスケールの大きさには圧倒されます。

P1070431

屋久島では環境保全のため携帯トイレの使用が勧められており、携帯トイレ用のブースが各所に用意されていました。

P1070433

夫婦杉。

P1070435 P1070437

縄文杉までもう一息。この辺りではヤクシカをたくさん見かけました。

雨が降ってきたので、レインウェアを羽織り、縄文杉目指して歩きました。

P1070443

階段の先に何かがありそうな雰囲気。

P1070444

階段の先は、縄文杉の展望デッキでした。

近くまで行くことはできませんが、展望デッキから見るだけでも十分迫力があります。

デッキのそばでしばらく休憩してから折り返しました。

大株歩道は登ってくるハイカーとのすれ違いが多く、歩いている時間とすれ違いの待ち時間が半々くらい。ストレスのたまるトレッキングです。

登ってくる人の足元をみていると、裸足の人がいてびっくり、サンダルの人がいて唖然。

P1070457

帰りも長いトロッコ軌道を歩きました。トロッコで下れたらどんなに楽なことか。

P1070463

一面苔に覆われた緑色の壁。

楠川分れで左折して辻峠方面へ。辻峠の南側からの登りかなりきつく感じられました。

P1070467

辻峠の近くにある「辻の岩屋」。

無事に白谷雲水峡に帰還し、ロードバイクでのダウンヒルへ。

白谷雲水峡からのダウンヒルは景色も路面の状態も最高でした。

いったん安房の民宿に荷物をとりに戻り、その後、後半の2泊を予定している空港近くの民宿に行きました。

P1070481

「鹿鳴庵」という民宿に宿泊。昨年できたばかりの新しい民宿でガイドブックにはあまり掲載されていませんが、文句のつけどころない素晴らしい民宿でした。

~バイク~
走行距離 69.31km
走行時間 3:17
平均速度 21.0km/h
最高速度 54.3km/h

~登山~
歩行距離 約23.5km
所要時間 6:39

~Total~
所要時間 11:57
消費エネルギー 5168kcal
走行ルート

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

これまでのツーリングレポートはこちら

ブログランキング参加中。応援よろしくお願 いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ Banner_03_2

|

« 2010/9/12 ツール・ドM・屋久島 第1ステージ | トップページ | 2010/9/14 ツール・ドM・屋久島 第3ステージ »

サイクリング記録 - その他国内」カテゴリの記事

ヒルクライム」カテゴリの記事

宿泊ツーリング」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2010/9/12 ツール・ドM・屋久島 第1ステージ | トップページ | 2010/9/14 ツール・ドM・屋久島 第3ステージ »