« 2012/4/21 中部・東部 花見&NEOPASA巡り | トップページ | 2012/4/29 寸又三山トレイルラン 2日目 »

2012.04.29

2012/4/28 寸又三山トレイルラン 1日目

ヤマヒルがでる前にぜひとも登っておきたかった寸又三山(朝日岳、前黒法師岳、沢口山)。ゴールデンウィークの最初の2日を利用して行ってきました。

三山とはいうものの、それぞれ独立した山塊で、どれも標準コースタイム5~8時間と登り応えのある山です。普通は1日にひとつずつ登るんでしょうけれど、3日目の天気予報はいまひとつだし、自転車のトレーニングもしたいし…。

というわけで2日間で三山制覇を強行

Dsc00271

4:15に寸又峡の温泉街を出発。最近のデジカメの技術のおかげできれいに撮れましたが、実際はまだかなり暗いです。

まずは沢口山へ。

Dsc00278

登りの途中、足元にヤマイワカガミが可憐に咲いていました。

Dsc00283

尾根伝いに登りが続きます。先は長いので、走れるところは走って時間短縮

Dsc00288

時刻は5:10。日がのぼってきました。

Dsc00290

鹿のヌタ場という湿地。

Dsc00292

そのそばには大きなミズナラの木があります。

Dsc00295

5:23、沢口山山頂。一番目立ってみえる山は朝日岳だと思います。

天水からの展望が素晴らしいそうなので、行ってみることにしました。山と高原地図を見てみると、思っていたよりも遠いみたいで、標準タイムは沢口山から往復3時間とのこと。

Dsc00299

平坦なところが多く、ここぞとばかりにトレランの本領発揮。

Dsc00300

右手に見えるのは前黒法師岳でしょうか。山頂にも雪が積もっている気配はなく、アイゼン持参の必要はなさそうです。

Dsc00305

天水のピークが見えました。

Dsc00307

時刻は何とまだ6時過ぎで、他には誰もいません。絶景を独り占め。

腹ごしらえをしたら、下山開始。

Dsc00316

沢口山から温泉街への下りは、猿並平ルートを通りました。

7:42、温泉街に到着。

車に戻ってしばし休憩。そして、後半戦へ。

Dsc00321

夢の吊橋を見下ろしつつ、小走りで飛龍橋の方へ。橋を渡って左に進むと、次なる目的地である前黒法師岳の登山口が現れます。

Dsc00326

ここが登山口。思いっきり崩れてますが…

Dsc00331

手ごわいのぼりがひたすら続きます。脚を休められるところがほとんどありません。

ヒルには出逢わずにすみましたが、途中ヘビに道をふさがれて、遠回り。

Dsc00332

朝日岳。きれいな景色を見ると一瞬だけ疲れが吹き飛びます。

Dsc00334

栗ノ木段。ここからしばらくの間は歩きやすい緩い勾配です。

Dsc00336

標識や赤ペンキの目印がしっかりしているので、迷うところはありませんでした。

Dsc00343

山頂近くには雪が残っていました。

拷問のように続く急登に幾度となくへこたれながら…

Dsc00346

9:59、無事に登頂

南アルプスではおなじみの標識ですが、1マスに2文字入っているところがユニークです。

Dsc00349

南アルプスの山々の展望を楽しみつつ、ゆっくりまったり下山。

家に帰った後ははぐったり。明日に備えて爆睡すること9時間。

1日2山は健康に悪いので、真似するのはやめましょう。

歩行距離 約35km
所要時間 9:07
走行ルート

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

ブログランキング参加中。応援よろしくお願 いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ Banner_03_2

|

« 2012/4/21 中部・東部 花見&NEOPASA巡り | トップページ | 2012/4/29 寸又三山トレイルラン 2日目 »

登山」カテゴリの記事

トレイルランニング」カテゴリの記事

コメント

初コメント失礼します。
ロングコースお疲れ様でした!
1日2山到底真似できませんよぉ
イワカガミこちらは咲いていましたか!
近々行ってきます

投稿: こむ | 2012.04.30 23:24

こむさん、こんばんは。
イワカガミ、沢口山~天水の稜線歩き、天水の眺望。見どころ満載ですね。
どうぞ、お気をつけて。

投稿: ホーリー | 2012.05.01 21:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2012/4/21 中部・東部 花見&NEOPASA巡り | トップページ | 2012/4/29 寸又三山トレイルラン 2日目 »