« 2013/9/23 富士山麓ツーリング | トップページ | 2013/10/6 御前崎 »

2013.09.29

2013/9/28 茶臼岳・上河内岳

土曜一日だけの貴重な休み。天気図を見ると、これ以上ないというくらいの絶好の気圧配置ではないですか。

20130928s
9/28 3:00

日帰り登山装備をザックに詰めて、暗いうちに出発しました。

2時間弱で畑薙のゲート前に到着。

Dsc01315

7月ならもう明るくなっている時刻ですが、9月末は5時を過ぎてもこの暗さ。

5:09、MTBに乗ってゲートを通過しました。登山口までの林道は片道3kmもないので歩いてもいいのですが、少しでも山の上でゆっくり過ごせるように時間の節約。

Dsc01321

吊り橋を渡り、茶臼岳目指して登山開始。

ウソッコ沢小屋までは緩い登り。

Dsc01331_2

その後は急登。この辺りは展望がきかない単調な道が続くので、辛抱が必要です。

Dsc01335

やっと上河内岳が見えてきました。

Dsc01338

こちらは大無間山と小無間山。

Dsc01343

おととし登った時にはなかった新しいベンチができていました。

Dsc01346

水呑場の水は明日にも涸れてしまいそうな水量でした。

Dsc01351

横窪沢小屋から茶臼小屋まではずっと登り続き。天気が悪い日だったら心が折れてしまいそうです。

Dsc01352

だんだん上河内岳の高さに近づいてきました。

Dsc01356 Dsc01360

確かに水平ではないですが、これまで歩いてきた登りと比べるとずいぶん楽になります。

Dsc01363

8:01、茶臼小屋に到着。

もう今年の営業は終わって無人になっていました。

2階部分は冬期開放になっていてこの時期でも自由に利用できるため、食料とシュラフさえ持参すれば、小屋泊縦走も可能です。

Dsc01378 Dsc01379

水が豊富なのはうれしいですね。

トイレも一部屋開放されているばかりでなく、何とトイレットペーパーまで完備されてサービス精神満点でした。

Dsc01381

あと少しで稜線に出られます。

Dsc01387

この辺りのハイマツは見事です。

Dsc01390

縦走道に合流。

Dsc01391

いったん南のほうへ進み、茶臼岳に登りました。

Dsc01403

茶臼岳(2604m)。向こうに見える山は、右から上河内岳、聖岳、兎岳。

Dsc01409

光岳や南アルプス深南部の山々もよく見えました。

Dsc01412

おなじみの団子型の標柱。

Dsc01419

青薙山、その向こうに富士山。

Dsc01420

いったん分岐点に戻り、上河内岳を目指しました。

Dsc01425

高山植物の花はトリカブトが少し残っていたくらいでほとんど終わっていました。

写真はシラタマノキの実。後で知りましたが、実は食用になるそうです。

Dsc01428 Dsc01436

茶臼~上河内の稜線はとにかく素晴らしいルートです。正面にみえる上河内岳が格好良いです。

Dsc01439

タカネマツムシソウ。

Dsc01445

奇岩竹内門。

Dsc01456_3

9:37、上河内岳(2803m)の山頂に到着。

Dsc01466 Dsc01468 Dsc01472

周囲360度の大展望。(1枚目)御嶽山、中央アルプス、(2枚目)富士山、(3枚目)南アルプス南部のビッグスリー(聖岳、赤石岳、荒川岳)。

見て良し登って良しの秀峰だと思います。

Dsc01474

私設の「カレーハウスKami-Kochi」でベジタブルカレーをいただきました。

その後、しばらく昼寝。

畑薙のゲートからここまで誰一人出会わず、山頂も独占できました。

Dsc01486

名残惜しいけど、下山します。

Dsc01496

庭園のようなきれいな稜線。

Dsc01499

ダケカンバ越しの富士山が良い感じ。

Dsc01518

私設の「オープンカフェちゃうす」にて、コーヒーとクッキーのセットで休憩しました。

Dsc01535 Dsc01536

ウソッコ沢小屋の外観と内部。思っていたよりきれいで過ごしやすそうです。

ヤレヤレ峠を回避する近道があるそうで、行ってみることにしました。

Dsc01543

地図には表示されていないけれどそれなりに踏み跡と赤テープはありました。

Dsc01545

ロッククライミングのような岩壁伝いの道もありました。

Dsc01549

川の中に木が生えている? 2週間前の台風の影響で増水しているのかもしれません。この先の渡渉が心配です。

Dsc01552

なんども流れを横切りながら河原を歩きます。はじめは靴が濡れないように慎重に渡っていましたが、いったん泥沼にはまって泥だらけになってしまい、その後は開き直って水の中をじゃぶじゃぶ渡りました。

Dsc01554

深いところでも膝下くらいなので難しくないですが、サンダルなどの濡れても良い靴をもっていったほうが良いです。

釣り師や山小屋関係者が使う道らしいです。確かに近道ではあるけれど、渡渉に慣れてない人間にはヤレヤレ峠を越えたほうがずっと楽ですね。

Dsc01559

吊り橋まで林道を歩き、最後はMTBでゲートまで一走り。

14:11、畑薙ゲート着。所要時間9時間2分。

<登山>
歩行距離 約17.5km
所要時間 8:39

<自転車>
走行距離 5.32km
平均速度 16.7km/h
最高時速 24.6km/h
所要時間 0:21
走行時間 0:19

今回のルート

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

ブログランキング参加中。応援よろしくお願 いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ Banner_03_2

|

« 2013/9/23 富士山麓ツーリング | トップページ | 2013/10/6 御前崎 »

MTB」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

本当に庭園みたいです。登りが大変そうですが、頑張り甲斐がありますね。普通の人は日帰りは難しいでしょうか?
勘行峰ハイキングコースは栗やサルナシ、ヤマブドウがありました。

投稿: ガジュ | 2013.09.29 23:29

日帰りは難しいというより勿体ないと思いますよ。
せっかく行くなら、茶臼小屋あたりに泊まって山頂からの朝日夕日を楽しむことをお勧めします。

投稿: ホーリー | 2013.09.30 22:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2013/9/23 富士山麓ツーリング | トップページ | 2013/10/6 御前崎 »