« 2015/8/9 竜爪山トレイルランニング | トップページ | 2015/8/22 清笹峠・野田沢峠 »

2015.08.17

2015/8/15 笊ヶ岳~伝付峠

農鳥岳から安倍奥の山伏まで続く白根南嶺のうち、笊ヶ岳~伝付峠の間の穴を埋めるべく、日帰りトレランに行ってきました。

南アルプス南部を日帰りで歩くときにいつも問題になるのが、登山口までの交通手段。今回は、畑薙から椹島まではMTBで往復、二軒小屋から椹島までの林道はRun、という方法をとりました。

自転車と登山とランの3種競技の組み合わせ。これぞチャリ栗毛流の山歩き。

3時半に畑薙湖に到着。お盆休みを利用して山に来ている人が多いのでしょう。ゲート前の駐車場はほぼ満車。もう少し到着が遅ければ、1kmちょっと離れたバス停の前の駐車場に停めることになっていました。もっとも、MTBがあるのでそれくらいの距離は何でもないのですが。

3:42、登山届を提出して、ゲートを通過。

P8150005

椹島には寄らずに、笊ヶ岳の登山口へ直行。5時ちょうど、「笊ヶ岳登山道入り口」の看板のあるところに到着しました。

ここにMTBを停めて、5:02、トレラン開始。

P8150006

日の出前の暗い木立の中を歩きました。序盤は急登が続きます。

1857m地点を越えると勾配がなだらかになってきて、2020mピークの北側を巻くと、平坦な地形のところにでました。

このあたりは10近くのテントが立ち並んでいました。笊ヶ岳のピークハントのベースキャンプにちょうど良い場所ですね。

P8150013

立派な標柱から先は、山と高原地図では点線ルートになっています。

P8150018

稜線から離れ、倉沢側のトラバース道になりました。稜線をたどって生木割まで行くバリエーションルートも存在するようです。

P8150021 P8150022

トラバース道は、6本の沢を横切るルート。最初と最後の沢が飲み水にするのに向いているそうです。

最後の沢を渡って、さらに進むと、

P8150030

トリカブトの花が咲く開けた場所にでました。

P8150032

ここが上倉沢。地図状は大きな沢に見えますが、水のない涸沢です。上流(比高200m)に水場マークがあるので、伏流水になっているのかもしれません。飲み水が足りない時は、さきほどのトラバース道の沢で補給しておいた方がよさそうです。

P8150036

左岸に渡ると、そこはトリカブト畑。

P8150040

その後は、倉沢の支流の涸沢を登るルートになりました。

P8150044

さらに木立の中を登ると、

P8150048

急に視界が開けてきました。

もう一頑張りすると、白根南嶺の稜線上にでてきました。

P8150051

稜線上の快適な道。

P8150052

ピークらしきものが見えてきました。

P8150058

7:42、笊ヶ岳山頂(2629m)。

P8150060

雲がなければ小笊と富士山のツーショットが見られるはずなのですが。

P8150061

北方には、生木割と這松尾の間のガレが見えました。

P8150071

西には南アルプス南部の主峰がずらり。

いったん椹島下行点まで戻り、そのまま直進。白根南嶺を伝付峠めざして歩きました。

P8150078

お盆休み期間の土曜日だというのに、誰にも出会わない静かなトレイルです。

P8150081

「この先行くな」の「×」マークと一瞬見間違えましたが、よく見ると「水」と書いてあります。水場への分岐を示すペイントです。上倉沢の源頭の水場まで踏み跡があるようですが、この時期、水があるかどうかは分かりません。

P8150082

這松尾への急登。

P8150085

這松尾の山頂直下は、その名の通りハイマツ地獄。進もうにも、網目のように広がったハイマツの枝で足が地面につかず、体も枝にひっかかって、一歩進むだけでも苦労します。

山と高原の地図には「薄い踏み跡」と書かれていますが、踏み跡は山頂まで続くことなく途中で途絶えていました。ヤマレコなどで検索しても真の山頂まで行った最近の記録は見あたらないですね。

P8150088

山頂まであと10mか20mというところで、心が折れました。ここまで頑張ったので、登頂したということにしておきましょう。

P8150089

這松尾山頂付近からの南アルプス南部の展望です。

いったん分岐点まで戻り、生木割を目指しました。

P8150094

藪をかき分けて崩壊地にたどり着きました。ガレの上縁を歩いて、少し登れば生木割。

這松尾といい生木割といい、ユニークなネーミングの山が多い山域ですね。

P8150099

生木割山頂。

人の手がはいらず自然のままの姿が残っているのが白根南峰の魅力なのですが、この山頂はCATVのアンテナで風情が台無しでした。

P8150103

その後はきれいな森の中のなだらかな道でした。

お盆休みであることを忘れるような本当に静かな山なのですが、

P8150105

標識はしっかりと整備されていました。昔はもっとメジャーなルートだったのでしょうか。

P8150111

キノコがあちこちに生えていました。野生の勘によると、食べられそうなキノコ。家に帰ってから調べてみたら、毒のあるクサウラベニタケに似ているような似てないような。

P8150112

美しい森が延々と続きます。

P8150114

天上小屋山を通過。

P8150117

西側がひらけていて、赤石岳や荒川岳が大迫力でした。

P8150120

途中から大井川側を巻く長いトラバース道に。

P8150123

トラバース道でも西側の視界が楽しめました。上の写真は千枚岳と悪沢岳だと思います。

P8150125

長いトラバース道を小走りに進んでいくと、

P8150130

やがて林道らしきところにでてきました。

林道に見えないかもしれませんが、昨年、奈良田越から伝付峠までの区間を歩いた経験から、ここが荒れ果てた林道のなれの果てであることがわかりました。

P8150135

だいぶ林道らしくなってきました。

P8150137

崩れているところもありますが、歩いて通る分には問題なし。

P8150139

再び西側の景色がひらけてきました。

ここで、ハイキングの格好をした女性二人に出会いました。二軒小屋から歩いてきた方のようです。

P8150144

歩いて数分で伝付峠に着きました。

P8150150

標高差600mを一気に下り、10:51、二軒小屋に到着。

P8150156 P8150157

自販機でドリンクを大量購入してがぶ飲み。生き返ったような気分です。

P8150160

椹島まで10kmの林道歩き。歩けば2~3時間。Runで頑張れば1時間ほどでしょう。

最近ジョギングをさぼっていたのが悪かったのか、とてもじゃないけれど走り続けることはできませんでした。

P8150161

道端に置かれているブルーシートに包まれたものは、リニア建設関係の資材ではないかと思います。想像するに、作業員用の飯場の建設材料か何かでしょうか。

P8150162

Run7割、歩き3割くらいで、1時間余りかけてようやくMTBをデポしてある登山口につきました。

P8150164

MTBで砂利道を走ること1時間余り。意外とアップダウンがあって苦労しました。

P8150166

13:12、畑薙のゲートに到着。

所要時間9時間半。消費エネルギー5473kcal。

Photo

これで白根南嶺(農鳥岳~山伏)を4回に分けて全路制覇!

静岡県境一筆書きの旅も、光岳から安倍東山稜の青笹山までつながりました。

<登山(トレラン)>
走行距離 約21.1km
所要時間 5:49

<林道ラン>
走行距離 約10.0km
所要時間 1:04

<自転車>
走行距離 34.93km
所要時間 2:26

総所要時間 9:30

今回のルート

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

ブログランキング参加中。応援よろしくお願 いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ Banner_03_2

|

« 2015/8/9 竜爪山トレイルランニング | トップページ | 2015/8/22 清笹峠・野田沢峠 »

MTB」カテゴリの記事

サイクリング記録 - 静岡県中部」カテゴリの記事

トレイルランニング」カテゴリの記事

マラソン・ランニング」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2015/8/9 竜爪山トレイルランニング | トップページ | 2015/8/22 清笹峠・野田沢峠 »