グランフォンド

2008.07.30

2008/7/27 第5回山岳グランフォンドin吉野

吉野山の民宿「たいら」に前泊したお陰で、睡眠時間が十分とれて体調は絶好。

いよいよ待ちに待ったグランフォンド吉野の日がやってきました。

TOPEAKのサドルバッグにはパンク修理セット・携帯ポンプ・予備チューブ2本、トライバッグにデジカメを、ジャージのポケットにはウィンドブレーカー・財布・携帯電話・GPS・補給食のミニ羊かん4つを装備して、準備万端です。

最近不調(ちょっとした振動で電源が落ちる)だったGPSも、ジャージの後ろポケットに入れておくとうまく作動することが、今回判明しました。

2008_07270009

スタートセレモニー直前のスタート地点。すでに、じっとしているだけで汗がにじんでくる暑さsun。走り始めると暑さもマシになるのですが…。早く走らせてくれ~。

7時にサイクリング開始で、スーパーロング(SL)→ロング(L)→ショート(S)の順にスタート。

30秒ごとに10人ずつスタートするのですが、SLだけでもエントリーしている坂バカが300人もいるので、最後尾の出発まで15分くらいかかります。

スタート地点に並ぶのが遅れて、SLの後ろの方、7時15分頃にスタートしましたmotorsports

2008_07270011

27km地点、最初の給水所。ここまではたいした登りはなく楽勝なのですが、さすがにSLにエントリーしている皆さん、速いです。下りが苦手な私には、下りで遅れずについて行くだけでいっぱいいっぱいです。

2008_07270012 2008_07270014

染谷峠を越え、たかすみの里エイドステーションで休憩banana

右の写真は今年4月の高野龍神~白浜ヒルクライムツアーでご一緒させていただいたChokoさんとこんちさんです。他にも多数のブロガーサイクリストの方々が参加されていたようです。

次は、最大の難所のひとつ、平均勾配10%近い足ノ郷越です。

エイドステーションで食べすぎたせいか、脇腹が痛くなってきました。長丁場なので補給が足りないとハンガーノック必至ですし、加減が難しいところ。

足ノ郷越の登りは東六甲のような急勾配。

SLは制限時間が厳しいので、五番関までの前半戦で残り期間を稼いでおく戦略でしたが、ここで調子に乗ってとばし過ぎて、後半のタイムに響きました。

足ノ郷越の下りでパンク修理をしている人を数人みかけました。路面が悪いので、パンクしないようゆっくり下ったほうが時間短縮になります。

国道169号線に入ると平坦な道が続きます。ペースの合う人を見つけて数人でトレインを編成。いいペースで走っていたのですが、2番手まで上がったところで急に先頭の人が加速。無残にもちぎれてしまい、一人旅。

2008_07270016 2008_07270018

川上村給水所。ここから先12km、五番関まで延々と登りが続きます。

早くも足が売り切れてきて、ロングコースに変更しようかという迷いが頭をよぎりました。

2008_07270020

11時50分、五番関に到着。

ここでも食べすぎて、あとで腹痛に襲われました。学習能力ゼロですねcoldsweats01

五番関から先は一人旅が多くなりました。洞川から大塔までの比較的フラットな区間は、集団で走ったほうが断然楽なのですが…。

スタミナ切れでだらだら走っている所に特急列車bullettrainが通過。必殺コバンザメ走法、と言わんばかりに追いかけましたが、時速50kmの超特急に乗りきれず一瞬で脱落してしまいました。

続いて時速40kmの急行列車trainを発見。5kmほど牽いてもらったところでまたしても脱落。

2008_07270022

ボトルの水がきれかかった頃、良いタイミングで湧水を発見しました。

2008_07270024

野迫川エイドステーションまであと少しのところで、右大腿が痙攣してしまいました。この先、ゴールまで激坂はないはずなので、まあ何とかなるか。

野迫川エイドステーションに14時前に到着。豆腐と豆乳の忘れられないくらいの美味しさでした。SL参加者だけの特権です。

今井峠、筒香峠と二つの峠がありますが、今井峠の登りは短く、筒香峠の登りは緩い勾配で、どちらもたいしたことはありません。残り52kmを3時間半以内に走ればよい計算なので、普段のサイクリングペースでゆっくり走りました。

写真をとる余裕はなかったのですが、富貴から黒駒の給水所までの下りは景色のよい素晴らしいコースでした。これまたSLのみの特権です。

2008_07270026 2008_07270028

最後の給水所(最後の関門でもあります)を過ぎれば、あとは暑さとの戦い。36度の猛暑の中、小さなアップダウンの繰り返しの県道137~39号線を走りました。

足はもはや完全に売り切れ。平均時速20kmのポタリングペースsnailでした。

最後の気力を振り絞って、吉野山を登りました。残り500m地点の激坂のきついこと。

2008_07270029

ついに感動のゴール!

今年は例年になく厳しいコンディションで、完走率も低かったようです。ゴールの受付で「貴重なスーパーロング完走ですね」、と言われました。

なぜか私の分だけ印刷された完走証がなくて、手書きの完走証をもらいました。はずれなしの抽選は、シルク製の扇子をゲット。

来年はもっと過酷なコースが設定されるとの噂もあるので、これから1年、より早く走れるように体力をつけたいと思います。

走行距離 183.85km
所要時間 9:15
走行時間 8:10
平均速度 22.4km/h
最高速度 56.7km/h
走行ルート

ブログランキング参加中。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ Banner_03_2

| | コメント (8)

2008.07.27

完走! 第5回山岳グランフォンドin吉野

山岳グランフォンドin吉野、初参加にしてスーパーロングコース184km完走しましたshine

7時15分に出発して16時30分にゴール。制限時間は余裕をもってゴールしましたが、体力的にはもう限界wobbly

ロードバイクを購入して1年余り、ツーリングでいろいろなコースを走ってきましたが、こんな超ドMなコースは経験がありません。

レポートは後日。

2008_07270009

スタート前の風景。

2008_07270033_2

希少な(?)手書きの完走証。

ブログランキング参加中。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ Banner_03_2

| | コメント (2)