マラソン・ランニング

2015.08.17

2015/8/15 笊ヶ岳~伝付峠

農鳥岳から安倍奥の山伏まで続く白根南嶺のうち、笊ヶ岳~伝付峠の間の穴を埋めるべく、日帰りトレランに行ってきました。

南アルプス南部を日帰りで歩くときにいつも問題になるのが、登山口までの交通手段。今回は、畑薙から椹島まではMTBで往復、二軒小屋から椹島までの林道はRun、という方法をとりました。

自転車と登山とランの3種競技の組み合わせ。これぞチャリ栗毛流の山歩き。

3時半に畑薙湖に到着。お盆休みを利用して山に来ている人が多いのでしょう。ゲート前の駐車場はほぼ満車。もう少し到着が遅ければ、1kmちょっと離れたバス停の前の駐車場に停めることになっていました。もっとも、MTBがあるのでそれくらいの距離は何でもないのですが。

3:42、登山届を提出して、ゲートを通過。

P8150005

椹島には寄らずに、笊ヶ岳の登山口へ直行。5時ちょうど、「笊ヶ岳登山道入り口」の看板のあるところに到着しました。

ここにMTBを停めて、5:02、トレラン開始。

P8150006

日の出前の暗い木立の中を歩きました。序盤は急登が続きます。

1857m地点を越えると勾配がなだらかになってきて、2020mピークの北側を巻くと、平坦な地形のところにでました。

このあたりは10近くのテントが立ち並んでいました。笊ヶ岳のピークハントのベースキャンプにちょうど良い場所ですね。

P8150013

立派な標柱から先は、山と高原地図では点線ルートになっています。

P8150018

稜線から離れ、倉沢側のトラバース道になりました。稜線をたどって生木割まで行くバリエーションルートも存在するようです。

P8150021 P8150022

トラバース道は、6本の沢を横切るルート。最初と最後の沢が飲み水にするのに向いているそうです。

最後の沢を渡って、さらに進むと、

P8150030

トリカブトの花が咲く開けた場所にでました。

P8150032

ここが上倉沢。地図状は大きな沢に見えますが、水のない涸沢です。上流(比高200m)に水場マークがあるので、伏流水になっているのかもしれません。飲み水が足りない時は、さきほどのトラバース道の沢で補給しておいた方がよさそうです。

P8150036

左岸に渡ると、そこはトリカブト畑。

P8150040

その後は、倉沢の支流の涸沢を登るルートになりました。

P8150044

さらに木立の中を登ると、

P8150048

急に視界が開けてきました。

もう一頑張りすると、白根南嶺の稜線上にでてきました。

P8150051

稜線上の快適な道。

P8150052

ピークらしきものが見えてきました。

P8150058

7:42、笊ヶ岳山頂(2629m)。

P8150060

雲がなければ小笊と富士山のツーショットが見られるはずなのですが。

P8150061

北方には、生木割と這松尾の間のガレが見えました。

P8150071

西には南アルプス南部の主峰がずらり。

いったん椹島下行点まで戻り、そのまま直進。白根南嶺を伝付峠めざして歩きました。

P8150078

お盆休み期間の土曜日だというのに、誰にも出会わない静かなトレイルです。

P8150081

「この先行くな」の「×」マークと一瞬見間違えましたが、よく見ると「水」と書いてあります。水場への分岐を示すペイントです。上倉沢の源頭の水場まで踏み跡があるようですが、この時期、水があるかどうかは分かりません。

P8150082

這松尾への急登。

P8150085

這松尾の山頂直下は、その名の通りハイマツ地獄。進もうにも、網目のように広がったハイマツの枝で足が地面につかず、体も枝にひっかかって、一歩進むだけでも苦労します。

山と高原の地図には「薄い踏み跡」と書かれていますが、踏み跡は山頂まで続くことなく途中で途絶えていました。ヤマレコなどで検索しても真の山頂まで行った最近の記録は見あたらないですね。

P8150088

山頂まであと10mか20mというところで、心が折れました。ここまで頑張ったので、登頂したということにしておきましょう。

P8150089

這松尾山頂付近からの南アルプス南部の展望です。

いったん分岐点まで戻り、生木割を目指しました。

P8150094

藪をかき分けて崩壊地にたどり着きました。ガレの上縁を歩いて、少し登れば生木割。

這松尾といい生木割といい、ユニークなネーミングの山が多い山域ですね。

P8150099

生木割山頂。

人の手がはいらず自然のままの姿が残っているのが白根南峰の魅力なのですが、この山頂はCATVのアンテナで風情が台無しでした。

P8150103

その後はきれいな森の中のなだらかな道でした。

お盆休みであることを忘れるような本当に静かな山なのですが、

P8150105

標識はしっかりと整備されていました。昔はもっとメジャーなルートだったのでしょうか。

P8150111

キノコがあちこちに生えていました。野生の勘によると、食べられそうなキノコ。家に帰ってから調べてみたら、毒のあるクサウラベニタケに似ているような似てないような。

P8150112

美しい森が延々と続きます。

P8150114

天上小屋山を通過。

P8150117

西側がひらけていて、赤石岳や荒川岳が大迫力でした。

P8150120

途中から大井川側を巻く長いトラバース道に。

P8150123

トラバース道でも西側の視界が楽しめました。上の写真は千枚岳と悪沢岳だと思います。

P8150125

長いトラバース道を小走りに進んでいくと、

P8150130

やがて林道らしきところにでてきました。

林道に見えないかもしれませんが、昨年、奈良田越から伝付峠までの区間を歩いた経験から、ここが荒れ果てた林道のなれの果てであることがわかりました。

P8150135

だいぶ林道らしくなってきました。

P8150137

崩れているところもありますが、歩いて通る分には問題なし。

P8150139

再び西側の景色がひらけてきました。

ここで、ハイキングの格好をした女性二人に出会いました。二軒小屋から歩いてきた方のようです。

P8150144

歩いて数分で伝付峠に着きました。

P8150150

標高差600mを一気に下り、10:51、二軒小屋に到着。

P8150156 P8150157

自販機でドリンクを大量購入してがぶ飲み。生き返ったような気分です。

P8150160

椹島まで10kmの林道歩き。歩けば2~3時間。Runで頑張れば1時間ほどでしょう。

最近ジョギングをさぼっていたのが悪かったのか、とてもじゃないけれど走り続けることはできませんでした。

P8150161

道端に置かれているブルーシートに包まれたものは、リニア建設関係の資材ではないかと思います。想像するに、作業員用の飯場の建設材料か何かでしょうか。

P8150162

Run7割、歩き3割くらいで、1時間余りかけてようやくMTBをデポしてある登山口につきました。

P8150164

MTBで砂利道を走ること1時間余り。意外とアップダウンがあって苦労しました。

P8150166

13:12、畑薙のゲートに到着。

所要時間9時間半。消費エネルギー5473kcal。

Photo

これで白根南嶺(農鳥岳~山伏)を4回に分けて全路制覇!

静岡県境一筆書きの旅も、光岳から安倍東山稜の青笹山までつながりました。

<登山(トレラン)>
走行距離 約21.1km
所要時間 5:49

<林道ラン>
走行距離 約10.0km
所要時間 1:04

<自転車>
走行距離 34.93km
所要時間 2:26

総所要時間 9:30

今回のルート

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

ブログランキング参加中。応援よろしくお願 いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ Banner_03_2

| | コメント (0)

2015.05.16

山岳デュアスロン

私が勝手に「ハイブリッド登山」や「山岳デュアスロン」と名付けている複合競技です。

ガソリンを使用しないエコなスポーツ。

自宅から完全自走したり、登山口と下山口の間を自転車でつないだり。

特に、冬季に雪山道具を背負って自転車に乗ると、アドベンチャーな気分になれます。

ツール・ドM・乗鞍

2008_09090047

すべてはここから始まった!? 元祖ハイブリッド登山。富山~乗鞍畳平は日本一の標高差をほこる自転車ヒルクライムルートです。

[静岡市内発]

富士山
山伏
竜ヶ岳・雨ヶ岳

この他に、竜爪山、安倍東山稜の山々は、どれも静岡市内を起点に登れると思います。寸又三山や大無間山あたりも、頑張れば行けそう。

[畑薙発]

蝙蝠岳・塩見岳
赤石岳・荒川三山
聖岳東尾根

普通に日帰り登山するだけでも大変な山ばかりなうえに、自転車パートは砂利道走行。体力勝負です。笊ヶ岳などもいいですね。

[屋久島]

縄文杉
宮ノ浦岳

[その他]

富士山 駿河湾から
十枚山~安倍峠
白根南嶺南部
白根三山

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

ブログランキング参加中。応援よろしくお願 いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ Banner_03_2

| | コメント (2)

2015.03.03

2015/3/1 静岡マラソン2015

昨日は静岡マラソン。今年もフルマラソンの部に参加しました。

P3010011

集合場所の駿府城公園で着替えとウォーミングアップをしました。

天気は生憎の雨。翌日は雲一つない晴天。一日天気がずれていれば、絶好のコンディションで走れたのですが。

ついついとばしたく気持ちを抑えて序盤は4'05"/km前後のペースをキープ。練習だとしんどく感じるキロ4分が本番では楽に出てしまうのが不思議です。

ちょっとオーバーペースではないかと思い、10kmあたりから4'10"~4'15"/kmくらいにペースダウン。

南安倍川橋を越え、昨年は向かい風にやられた国道150号線に突入。今年は北北西、進行方向に向かって左側から吹いてくる風でした。このままゴールまでこの調子で走れればサブスリーが可能です。

裸足で走るランナーを見かけました。足の裏がずるむけになっていて痛そうでした。2時間台を狙っていたそうですが、後で知った話では4時間台でゴールしたみたいです。

25kmあたりから風向きが東寄りに変わり、向かい風になってきました。帽子が飛ばされそうになり、あわてて帽子を後ろ向きにかぶり直しました。

30km地点を2時間7分程で通過。

30~35kmでベストラップをだそうと頑張ってみたものの、向かい風と脚の重さで、どうにもならず。4'20"~4'25"/kmまでペースダウン。

楽しみにしていた「おでん処」は見落としてしまいました。どこにあったのでしょう?

35kmからは雨脚が強まってきました。失速したランナーがちらほら見かけられます。ここからゴールまでが本当のフルマラソン。まだサブスリーの可能性は残されているので、いいペースをキープしている人を見つけて、必死についていきました。

40km地点を2時間51分で通過。

あと2.195kmを9分で走ればグロスで3時間切り。ちょっと難しそう。ネットで3時間切りなら可能かも。

ペースアップしようともがいてみましたが、体が言うことを聞かず。前半オーバーペース気味だったのが失敗か。

3時間0分台でゴールしました。

去年より5分短縮、自己ベストには及ばず。

P3010012 P3010013

家に帰って、一人で反省会。

GPSのログを見てみると、

20150301_01

心拍数は一定、ペースは徐々に落ちています。

20150301_02

ピッチは終始210/分、ストライドは115cmから105cmまでじわじわと落ちています。脚のバネがきかなくなって、ストライドが短くなった分、ペースが落ちたようです。

練習の走行距離を増やして筋持久力を養うか、前半のペースをもう少し抑えるかすれば、イーブンペースの走りで記録向上が狙えそう。

次は日本平桜マラソンに参加予定です。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

ブログランキング参加中。応援よろしくお願 いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ Banner_03_2

| | コメント (2)

2015.01.01

2014年 総括

1月 甲斐駒ヶ岳初日の出登山shoe

Dsc03250

初日の出を見なければ1年は始まらない。

今年は森林限界より上で初日の出を拝む計画を立て、マイナス8℃のテントの中で新年を迎えましたが、雪のため視界不良で初日の出は拝めませんでした。

2月 第43回森町ロードレースrun

Dsc00175

スズメバチエキスの力を借りて、ハーフマラソンの自己記録を更新!

3月 静岡マラソンrun

Dsc_0219

雨と向かい風に苦戦したフルマラソン。来年、再挑戦します。

4月 唐松岳・五竜岳登山shoe

Dsc00874

残雪期の北アルプスでテント泊。技術を磨いて、いつかは五竜岳も登頂したいです。

5月 第21回フレンドリーデュアスロン in 磐田bicyclerun

Dsc01341

2年半ぶりのデュアスロン。

関節の痛みをかかえた状態でのレース参加。完走できただけでも御の字か。

6月 第11回富士山国際ヒルクライムbicycle

Dsc_0316

前日に富士登山をしないことが、あざみ入賞の秘訣です。

7月 十勝大雪グランドトラバースshoe

Dsc02150

夏季休暇を利用して、旭岳から富良野岳までのロングトレイルを縦走。

8月 静岡市内→3776m完全人力クライムshoebicycle

Dsc03109

静岡市内の自宅から富士宮口経由で富士山山頂まで往復しました。

9月 南アルプス廃道巡り shoe

Dsc03509

崩壊した東俣林道を歩き、大井川を遡行して、静岡最北端の地へ。

10月 富士山一周ツーリングbicycle

Pa190024

自転車で富士山一周、114km。来年は、富士山一周+トリプルクライム+山頂までトレラン、に挑戦?

11月 紅葉狩りサイクリングbicycle

Pb150054

紅葉狩りロングライドシリーズ。

その1 天城峠

その2 丹沢湖

その3 伊豆高原

12月 東京エンデューロbicycle

Pc070016

修善寺の日本CSCで開催された5時間エンデューロに5人チームで参加しました。

結果は3位入賞!

 

今年の走行距離 6604kmbicycle

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

これまでのツーリングレポートはこちら

ブログランキング参加中。応援よろしくお願 いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ 

| | コメント (0)

2014.05.26

2014/5/25 第21回フレンドリーデュアスロン in 磐田

新東名の大会以来、2年半ぶりのデュアスロン。

Dsc01341

ドラえもんカラーのデローザで参戦してきました。

Dsc01329

MタイプとSタイプのスタートを見送った後、会場で軽くウォーミングアップ。

Lタイプは9時半にスタートしました。

周囲は速そうな人ばかり。それもそのはず。参加者のほとんどがトライアスリートだそうな。

最近ランニング後にかならず痛みの出る右股関節をいたわって、第一ランは抑え気味に。

バイクは頑張ったつもりですが、3年前の同じ大会よりも2分半も遅い結果でした。今年は全体的にバイクのタイムが長めだったように思います。きっと風が強かったためでしょう。

第二ランの最後は、同じSWIFT R.T.のK君とのデッドヒートの末、惜敗。

Dsc01333

SWIFTデュアスロンの部のエース(左)とエンデューロの部のエース(中央)です。

Dsc01336 Dsc01346 Dsc01347

エンデューロを観戦したり、

Dsc01350

表彰式を遠くから眺めたり、

Dsc01325

豪華賞品の当たる抽選会をこれまた遠くから眺めたりして、ゆっくりと午後の時間を過ごしました。

次のレース予定は、富士山国際ヒルクライム(あざみライン)です。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

ブログランキング参加中。応援よろしくお願 いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ Banner_03_2

| | コメント (6)

2014.03.02

2014/3/2 静岡マラソン

先月の森町ロードレースに続き、今回も雨の中のレースとなりました。

練習不足はドーピングで補います。トップスピード(スズメバチエキス)とアバンドを飲んで、スタートの集合場所へ。

冷たい雨の中を1時間ほど待たされ、8時20分にフルマラソンの部がスタートしました。

Bブロックからのスタートで、スタート時のタイムロスは40秒。ゲート通過後もしばらくの間は早歩きくらいのペースが続き、実質的なタイムロスは1分半くらいでした。参加人数の割に道幅が狭く、12000人が一度に走るのはキャパシティーオーバーと感じました。

悪名高い新東名のマラソンと運営団体が同じとの噂を聞き心配でしたが、コース上に給水所やトイレが十分に用意されていて安心して走れました。

20~35kmの区間は久能海岸の直線コース。雨と向かい風に苦戦を強いられました。

25km地点で大問題発生。慌ててトイレに駆け込んで事なきを得ましたが、2分近いタイムロス。この時点でもはやサブスリーは絶望的に。

30~33kmあたりの折り返し区間に、これまた苦戦。レース後半の疲れがたまったころに同じ道を3度も走らされるのは、精神的にきついです。

目標を3時間一桁に下方修正して、ゴールを目指しました。

結果 3:05:XX(グロス) 

Dsc_0217 Dsc_0218 Dsc_0219 Dsc_0220 Dsc_0221 Dsc_0222

晴れていれば風光明媚なコース。アップダウンがほとんどないので、久能海岸が追い風になれば好タイムが狙える大会だと思います。ゴール後の荷物の受け渡しの効率の悪さは、ぜひとも改善してほしいです。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

ブログランキング参加中。応援よろしくお願 いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ Banner_03_2

| | コメント (5)

2014.02.02

2014/2/2 第43回森町ロードレース大会

森町ロードレースに初参加してきました。歴史のある街並みの中や緑の豊かな道を走る、気持ちの良いコースでした。

1か月後の静岡マラソンにつなげるためなるべく良い記録を出しておきたいところですが、体重がここ1年で3km近く増えてしまって、過去最重量。おまけに登山で余計な筋肉がついて、ランナーの足ではなくて山ヤの足になりかけてます。自己ワースト記録がでてもおかしくない状態です。その打開策として、自転車ロングライドでは効果を実感できなかったスズメバチエキスを試してみることにしました。

朝からあいにくの雨。スタート1時間前には雨脚が強まり、どうなることかとおもいました。ハーフマラソンの部は9:30にスタート。心配していた雨はレース中は小降りになり、気温も上がって、走りやすいコンディションでした。

この大会は距離表示が少なくく、アップダウンもあって(前半は緩い登り、後半は緩い下り)、スプリットタイムはあまりペース配分の参考にならなそうです。呼吸が乱れないぎりぎりのペースを維持するように走ってみました。

距離表示は道端の標識ではなく、道路上に記されています。走り終えた後で知りました。

自分がどの位のペースで走っているのか全く分からないまま、残り1km地点(ここだけは距離を示す標識あり)を通過。手元の時計では1時間17分台。好記録が狙えそう。

最後の力をふり絞って、ゴール目指して一直線。

結果 1:21:XX(グロス) 

自己ベスト更新!

スズメバチ効果でしょうか?

Dsc00171

会場の森町文化会館。

Dsc00177 Dsc00175

ゴール地点。

Dsc00180

レース終了後の栄養補給。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

ブログランキング参加中。応援よろしくお願 いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ Banner_03_2

| | コメント (3)

2013.12.31

2013 総括

1月 初日の出クライム in 山伏bicycleshoe

Dsc05777

初日の出を見なければ1年は始まらない。年々エスカレートしてきまして、今年はついに標高差2000mを完全自走。

2月 鳳凰三山登山shoe

Dsc06282

雪山の魅力にとりつかれ、厳冬期に南アルプスの前衛へ。

3月 駿府マラソンrun

Dsc06492

たまには真面目にレースにも参加。惜しくも自己新ならず。

4月 富士宮お花見サイクリングbicycle

Dsc07048

恒例のたまごかけご飯ツアーは今年は中止になり、代わりに近場でお花見。

5月 羊蹄山登山shoe

Dsc07956

残雪の蝦夷富士を登頂。

6月 第10回富士山国際ヒルクライムbicycle

Dsc08511

今年参加した唯一の自転車レース。富士登山の翌日に富士山ヒルクライムと、富士山づくしの週末でした。

7月 北アルプス縦走登山shoe

Dsc09329

夏季休暇を利用して剱岳から鷲羽岳を経て烏帽子岳まで縦走。

8月 蝙蝠尾根shoebicycle

Dsc00838

憧れの蝙蝠尾根へ、超絶(?)日帰り登山。

9月 茶臼岳・上河内岳 shoebicycle

Dsc01436

夏山シーズン終了後も、南アルプス。

10月 富士山 小御岳流しshoe

Dsc02018

10月も3000m峰へ。富士山バリルート第二弾。

11月 二軒小屋MTBサイクリングbicycle

Dsc02271

今年で最後と噂される二軒小屋紅葉サイクリングに参加しました。

12月 IDOL購入bicycle

Dsc02816

フレームを新調。長距離向けの快適な乗り心地です。これを機に来年はロングライドを頑張りたいと思います。

今年の走行距離6553kmbicycle

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

これまでのツーリングレポートはこちら

ブログランキング参加中。応援よろしくお願 いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ 

| | コメント (2)

2013.03.03

2013/3/3 第38回駿府マラソン

2年ぶりにマラソン大会に参加してきました。今年で38回目となる地元のレースです。

平坦なコースで走りやすいことや会場のアクセスが良いことから人気の大会で、年々規模が大きくなり、今年の参加者は合計15000人近くにのぼりました。

今回の作戦は、前半は抑え目にして後半に備えてスタミナ温存。スタートから復路の中町まで3'54ペース維持、ラスト2kmは全開で(後半は緩い登りなので、実質ビルドアップになります)。

朝は冷え込みましたが、スタート前にはちょうどいいくらいに気温が上がり、風もなく、マラソンには最高のコンディション。

10時5分に号砲がなり、ハーフマラソンの部がスタートしました。

昨年から申告タイム順のグループ分けになり、スタートの混雑は増しになっているはずですが、それでも最初の曲がり角まではジョギング以下のスローペースでした。

5km地点を19分ジャストで通過。スタート後のタイムロスに焦をり感じて予定よりハイペースになってしまったので、その後は意識して少しペースダウン。

後半はペースが少しだけ落ちてしまいましたが、後半で順位を上げることができて、ペース配分はなかなかうまくいったようです。

2年前より20秒くらい良いタイムでゴール。

Dsc06484 Dsc06489 Dsc06492

結果 1:22:XX(グロス)

来年春には徳川家康公の没後400年を記念して「家康フルマラソン」が市内で開催されるという噂です。開催が実現すれば、ぜひ走ってみたいと思います。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

ブログランキング参加中。応援よろしくお願 いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ Banner_03_2

| | コメント (4)

2011.11.20

2011/11/20 ふじのくに新東名デュアスロン

今回が最初で最後となる新東名のデュアスロン大会に参加してきました。

朝起きると、昨日の嵐がうそだったかのような穏やかな気候。

P1110018

清水パーキングエリアに車を停め、受付、それから入念にバイクのチェック。

ピカピカのアスファルトの上には昨日の雨が残り、不用意に後輪ブレーキをかけるとたちまちスリップしてしまいます。

P1110023

まずは小学生の部がスタート。ママチャリの子もいましたが、なかなか健闘していました。

私がエントリーしたLタイプ(Run 5km、Bike 28km、Run 5km)は11:30にスタート。

朝は雲に隠れていた富士山が姿を現し、気温はうなぎ昇り。真夏のような日差しで、心配していた路面も乾き、素晴らしいコンディションのレースでした。

第一ランで調子に乗ってとばしすぎたかな、と思いましたが、バイクの前半が下り基調でその間に脚の疲労は回復。

登り下りはよいのですが、平地は風圧との戦い。平地になるとTTバイクに凄い勢いで追い抜かされ、空気抵抗の差を実感します。

バイクの終盤でインナーにシフトしようとしたらチェーンが落ちそうになって冷汗。その後はアウター縛りで、なんとかトランジッションに到着。

第二ランの頃にはいつものようにヘロヘロになっていました。息が上がってスピードがでず、鈍足ペース。それでも少しだけ順位を上げて、ゴールイン。

P1110025

記録:1時間29分XX秒

入賞争いに参加するには、最低でもラン5km17分台のスピードが要るようです。

P1110031 P1110036

新東名の登り本線からみた富士山。路面の舗装もとてもきれいですね。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

ブログランキング参加中。応援よろしくお願 いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ Banner_03_2

| | コメント (2)