サイクリング記録 - 六甲山

2009.03.29

2009/3/28 六甲山 再度山ルート

引越2日前で本来ならツーリングどころではない状況ですが、順調に準備が進んでいるので、ひとっ走りしてきました。

淡路島一周でもしようかと思っていたのに、見事に寝坊してしまいました。

予定を変えて六甲へ走り納めに。

出発前に久々に体脂肪を計ってみたら、何と13%台。2,3ヶ月前は一桁だったのに…crying

いまだにランニングやロングライドができない状態なうえに、送別会やら何やらが続いたので、当然の報いでしょう。

2009_03280002

再度山ドライブウェイから六甲最高峰を目指しました。

2009_03280004

麓のほうは桜がちらほら咲きかけていました。

2009_03280005

再度山ドライブウェイからの風景。まだ標高は100m台です。

2009_03280008

六甲山牧場の売店の営業が再開されていました。名物のソフトクリームをいただいてきました。

2009_03280010 2009_03280013

一軒茶屋を経て、六甲最高峰まで登坂しました。

この日は三ノ宮の最高気温が11℃。山頂は5℃くらい?

じっとしているとすぐに体が冷えてきます。

下りに備えて、ウィンドブレークジャージの上にウィンドブレーカーを羽織りました。

2009_03280022 2009_03280024

登六庵は3月いっぱいは休みかな、と思いつつ店に寄ってみたら、幸運にも営業していました。

ライスカレーを注文しました。午後2時の遅めの昼食。

もうほとんど道をおぼえてしまった西六甲~再度山のダウンヒルを楽しみつつ、帰宅しました。

走行距離 58.93km
所要時間 3:39
走行時間 2:42
平均速度 21.7km/h
最高速度 54.7km/h
走行ルート

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

これまでのツーリングレポートはこちら

ブログランキング参加中。応援よろしくお願 いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ Banner_03_2

| | コメント (0)

2009.03.08

2009/3/7 六甲山 表六甲ルート

朝まで仕事で午前中はぐったり。

気を取り直して、午後から六甲へ出発しました。

2009_03070003

表六甲をマイペースでヒルクライム。

表六甲は谷側が開けていて、時折、神戸~大阪の街並みが顔をのぞかせます。夜中に登ったらさぞかし綺麗でしょうけど、如何せん爆走する自動車がいて夜中に走る勇気はありません。

2009_03070004 2009_03070005

表六甲DWの途中にある鉢巻展望台に寄ってみると、自転車を2台発見。

この日は表六甲の登りだけでも4~5人のサイクリストに会いました。オフシーズンが終わり、ようやく六甲に自転車乗りが戻ってきたようです。

2009_03070008

一軒茶屋は素通りして、

2009_03070011

コンクリート舗装の激坂をもう一踏ん張り。

2009_03070013

これで自転車での六甲連続登頂記録は19ヶ月になりました。

2009_03070020 2009_03070022

続いて摩耶山の掬星台へ。黄砂のためか、先週と同様に景色がかすんでいます。

2009_03070026

六甲山牧場を左折して再度山DWを経て下山しました。

2009_03070028

クリートが減ってゆるみが出てきたので、ショップに行って交換してもらいました。

型番が分からないくらいにすり減っていました。SPDシューズで乗鞍山頂まで登山したりしていた割には長持ちしたほうかもしれません。

走行距離 62.52km
所要時間 3:49
走行時間 2:53
平均速度 21.6km/h
最高速度 58.8km/h
走行ルート

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

これまでのツーリングレポートはこちら

ブログランキング参加中。応援よろしくお願 いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ Banner_03_2

| | コメント (0)

2009.02.28

2009/2/28 六甲山周遊

普通に歩くくらいなら股関節に痛みを感じることがないくらいまで回復しましたが、まだランニング再開までは時間がかかりそうです。

ロードバイクには乗れるものの、まだ遠出する自信はありません。

今日は午後から有馬温泉へ湯治ツーリングに行ってきました。

2009_02280002

再度山DWからアプローチして、山頂方面は行かずに記念碑台から裏六甲DWを下りました。

日陰の多い裏六甲をウィンドブレーカーなしで下れるくらいに暖かくなり、六甲にも春が近づいてきたのを感じます。

2009_02280005

自宅から2時間弱で有馬温泉に到着。

2009_02280008

金の湯は見るからに混み合ってそうだったのでパスして、銀の湯にじっくりとつかってきました。

2009_02280007

有馬温泉名物の有馬サイダー。

炭酸水がわき出る炭酸泉源が銀の湯の近くにあるようです。

2009_02280009

炭酸泉源は銀の湯からさらに奥に進んで坂を登ったところにあります。その名もタンサン坂。15%超級の激坂です。

2009_02280013 2009_02280014

温泉街を出て東に走り、船坂から県道82号線を南下。

途中でみつばちハニー農場に寄り道。この前ここで買った「アカシアのはちみつ」が美味しかったので、今日は「山のはちみつ」を買いました。

2009_02280016

ハニー坂と呼ばれる激坂を越えてしばらく登ると、適度なアップダウンが心地よいワインディングの道になります。

2009_02280017

裏ハニーと呼ばれるこれまた激坂を下ると、逆瀬川・夙川方面からの登り道と合流します。

2009_02280024

一軒茶屋に着いたのは午後4時半。この時間になると売店は閉まり、ハイカーも姿を消し、ひっそりとしています。

2009_02280025

黄砂が飛んでいるのか空がかすんでいて、遠くの景色はぼやけて見えました。

2009_02280028

表六甲を下って帰りました。

自転車でも写真の新六甲大橋を通れるはずですが、新六甲大橋を通らない旧道の方が交通量が圧倒的に少なくて快適です。

走行距離 72.81km
所要時間 5:26
走行時間 3:44
平均速度 19.4km/h
最高速度 58.7km/h
走行ルート

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

これまでのツーリングレポートはこちら

ブログランキング参加中。応援よろしくお願 いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ Banner_03_2

| | コメント (2)

2009.02.21

2009/2/21 六甲山 逆瀬川ルート

2ヶ月ぶりに、逆瀬川へタイムトライアルに行ってきました。

Hi350005

序盤はほとんんど赤信号に引っかからずすこぶる順調で、前回の記録を約50秒上回る13分ちょうどで盤滝口を通過しました。

その後、旧道で水分補給しようとした時にボトルを地面に落とす凡ミス。

さらに、一軒茶屋までもう一息のところでチェーンを落としてしまう痛恨のミスwobbly

ミスを重ねながらも、45分17秒でゴールしました。自己記録更新shine

ラストスパートをかけられる脚が残っていたことに、体力の向上を実感しました。

Hi350003 Hi350006

一軒茶屋周辺をぶらぶらして、

Hi350007

カレーライスを食べ、

Hi350008

樹氷の中を、再度山方面に下りました。

Hi350009

六甲山人工スキー場に寄り道しました。だいぶ雪が減りましたが、まだ滑れるみたいです。

今日は六甲ではマウンテンバイクの2人組とすれちがっただけで、ロードバイクは一台も見かけませんでした。

走行距離 67.93km
所要時間 3:51
走行時間 3:03
平均速度 22.2km/h
最高速度 51.8km/h
走行ルート

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

これまでのツーリングレポートはこちら

ブログランキング参加中。応援よろしくお願 いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ Banner_03_2

| | コメント (0)

2009.02.02

2009/2/1 真冬の六甲山周遊

再度山TTにトライするつもりでいたものの、朝起きたら何となくやる気がでなくて、マイペースで六甲を周遊してきました。

2009_02010001

神戸大橋からの風景。六甲の標高の高いところは雪景色のよう。

2009_02010003

今日は六甲登山口から表六甲DWを目指してみました。鶴甲経由の道よりもきつい勾配で、早くも脚を消耗。

2009_02010008

表六甲は路面が乾いていて、走行上全く問題ありませんでした。

2009_02010014 2009_02010015 2009_02010022 2009_02010024

ガーデンテラスで開催されている氷の祭典。本来500円の入場料が必要ですが、予想外の暖かさに氷像の状態が悪くなったとのことで、無料開放になっていました。

2009_02010027 2009_02010028

山頂付近は真冬の世界。樹氷がとても綺麗でした。

2009_02010030

一軒茶屋から上は積雪がありロードバイクでは走行不可能。最高峰までバイクを押して歩きました。

2009_02010033

六甲最高峰でしばし休憩。次の目的地は有馬温泉。

2009_02010039

いったん東に下りて、県道82の激坂(俗称「裏ハニー」)を登って船坂に向かいました。

2009_02010040

六甲ハニー農場に寄り道し、アカシアのハチミツを購入。200gでビン代を含めて1000円ちょっとでした。

2009_02010043 2009_02010045

有馬温泉につかり、この一週間の疲れを癒してきました。

裏六甲→再度山のルートで帰ることにしました。

2009_02010049

裏六甲へのアプローチは、一見、自動車専用の有料道路に見えるので、初めて通るときはオドオドしてしまいます。

2009_02010050

六甲山トンネルの料金所の前を右折すると裏六甲DWに入ります。

2009_02010053

裏六甲DWは程よい勾配の走りやすい道。冬は凍結していることも多いらしいので、下るときは注意が要ります。

六甲山は真冬でも高低差900mのヒルクライムが楽しめる貴重な場所です。伊吹山などの春先のヒルクライムレースにエントリーしている方、六甲でのトレーニングなどいかがですか?

走行距離 75.62km
所要時間 6:36
走行時間 3:57
平均速度 19.1km/h
最高速度 61.1km/h
走行ルート

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

これまでのツーリングレポートはこちら

ブログランキング参加中。応援よろしくお願 いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ Banner_03_2

| | コメント (4)

2009.01.01

2009/1/1 六甲初日の出ツーリング2009

明けましておめでとうございます。

平素より当ブログをご愛読いただきましてありがとうござます。

今年も年始からアクセル全開、いやペダリング全開で参ります。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、今年も初日の出を拝むために六甲山に登ってきました。

前日の天気予報では、今年一番の寒波で神戸市内は曇り時々雪、最低気温1℃、という予報でした。六甲山上は-5℃位と予想されます。

上は春秋物長袖ジャージ+ウィンドブレークジャケット、下はウィンドブレークタイツ、イヤーウォーマー、冬用グローブ、シューズカバー、靴下用カイロを装備。さらに下山用に薄手のフリース、モンベルのライトシェルサイクルジャケットとライトシェルパンツ、インナーグローブを携行し、万全の防寒装備で臨みました。

2009_01010001

4時40分に自宅からスタートし、神戸大橋を通過。

夜空には星が輝き、六甲山は記念碑台あたりの明かりが見えました。これなら初日の出も期待できそうです。

昨年と同じ再度山経由のルートでアプローチ。

2009_01010003

海抜300m位から路面の凍結がみられ、慎重を要しました。上の写真は五辻(海抜約400m)にて。

記念碑台から先はさらに気温が下がり、ガス(…というより霧がそのまま凍結したようなもの)で視界が悪くなってきました。

2009_01010011

6時半ちょうどに一軒茶屋に着きました。すでに結構な数の登山客や車が集まっています。

2009_01010013 2009_01010015 2009_01010017

最高峰へのコンクリート舗装の道は、積雪こそないものの凍結で走れる状態ではありませんでした。バイクを押して登り、記念撮影してきました。

2009_01010020 2009_01010022 2009_01010024

コンクリート舗装の途中に日の出がよく見えるスポットがあるのですが、ガスや雲で覆われていて7時を過ぎても日の出の気配すらありません(上の写真の中央)。

気温は氷点下2℃。去年よりは少し暖かいように思います。

しばらく粘ってみましたが一向に御来光は現れず、周りの人たちも次々にあきらめて帰り始めます。

いったん一軒茶屋に戻り、きつねうどんを食べながら(初日の出の時は特別に営業しているみたいです)、もうしばらく待つことにしました。

うどんを食べ終えて店の外に出てみたら、これが絶妙なタイミングでした。

2009_01010033 2009_01010039 2009_01010044

本来の日の出の時刻から遅れること30分。一軒茶屋から見た2009年の初日の出です。

2009_01010047 2009_01010049 2009_01010051 2009_01010053 2009_01010057

帰りのダウンヒル中に撮った写真です。年明け早々のツーリングでの落車は何としてでも避けたいので、カーブもなるべくバイクを傾けずにリーンイン気味に、とにかく慎重に下りました。

この時期のダウンヒルはインナーグローブやシューズカバーなど末端の防寒対策が必須ですが、脚はウィンドブレークタイツだけで十分でした。パールイズミの冬用ウェアは良くできています。

2009_01010059

最後は京橋にて。神戸らしい風景。

トラブルなく走って初日の出を拝むことができ、今年も幸先の良いスタートになりました。

走行距離 56.82km
所要時間 4:09
走行時間 2:50
平均速度 19.9km/h
最高速度 52.5km/h
走行ルート

ブログランキング参加中。応援よろしくお願 いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ Banner_03_2

| | コメント (11)

2008.12.14

2008/12/13 六甲山逆瀬川ルート

午後から京都で用事があるので、3時間程で帰ってこられる六甲を走ってきました。

今年1年の成果を試すべく、久々に逆瀬川TTに挑戦。

これまでの自己記録は今年5月の49分24秒。その時と同じ軽量ホイールを装備したヒルクライム仕様で、朝5時台に自宅を出発しました。

ここ1、2ヶ月の走り込みrunで心肺機能が上がっているはずなので、48分台の自己記録はでるだろうという自信はありました。

081213_06450001

満月が山に沈みかけた、夜明け前の逆瀬川。

踏切を越えてTT開始sandclock

盤滝口の信号待ちで15秒くらいロスしてしまいましたが、時計を見たらこの時点でまだ13分台。これは好記録が出るかも。

081213_07390001

最後の平坦区間は時速20km台のヘロヘロペース。いつものことながら序盤でとばしすぎみたいです。一軒茶屋に到着。

タイムは46分3秒と、一気に3分以上も自己記録を更新しましたnotes

体重を1.5~2kg落としたら、45分切りも見えてきそうです。

走行距離 65.74km
所要時間 3:22
走行時間 2:56
平均速度 22.3km/h
最高速度 55.0km/h
走行ルート

ブログランキング参加中。応援よろしくお願 いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ Banner_03_2

| | コメント (0)

2008.12.07

2008/12/6 六甲山再度山ルート

師走最初の休日。天気は最高なのに、雑用だらけで遠くにツーリングに行く暇はなし。

こんな日は六甲山でちょい乗りbicycle、に限ります。

2008_12060002 2008_12060009

紅葉の残る再度山ドライブウェイを登り、西六甲の尾根を颯爽と駆け抜け…

2008_12060026 2008_12060017

一軒茶屋から簡易舗装の激坂を登り、六甲最高峰までやってきましたfuji

2008_12060022

足元には霜柱。手元の温度計はマイナス2℃を指していました。

2008_12060030

一軒茶屋付近からの景観です。

2008_12060028

さて、いよいよ寒中ダウンヒルの始まり。今年初のシューズカバーの出番です。

意を決して下り始めましたが、予想以上の寒さです。冬用グローブでも手先がかじかみ、口元はけいれんし、限界寸前。

マイナス2℃の寒さの中を時速50km/hで下ると、体感温度は何とマイナス17℃。どうりで寒いはずです。

2008_12060031

いつものようにランチをとりに登六庵へ。

冬季休業に入っているのではないかと心配しましたが、恐る恐るのぞいてみたら、まだ営業しているようでした。オムライスを注文。

食事を終えて外に出たら雪がちらついていましたsnow

ちなみに、この日は下界でも夕方に初雪が降りました。

2008_12060032 2008_12060033

掬星台。こんなに空気が澄んでいる日はそうそうありません。

2008_12060048 2008_12060050 2008_12060051

再度公園でしばし紅葉を満喫。今年の紅葉狩りはこれが最後か。

2008_12060053

再度山ドライブウェイを下って帰りました。

あまりに寒かったので、家に帰るなり真冬用のジャケットとタイツをポチッとしてしまいました。

走行距離 67.96km
所要時間 4:33
走行時間 3:14
平均速度 20.9km/h
最高速度 54.9km/h
走行ルート

ブログランキング参加中。応援よろしくお願 いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ Banner_03_2

| | コメント (2)

2008.11.24

2008/11/24 六甲山表六甲ルート

今日は一日中雨が降る予報でしたが、朝起きて外を見たらまだ地面はカラカラ。

すぐさま長袖ジャージとタイツに着替えて、雨が降る前に六甲最高峰までひとっ走りしてきました。

いちばん短時間で往復できる表六甲ルート。

2008_11240001

43号線→東明→高羽→鶴甲という経路で表六甲DWへ。

2008_11240002 2008_11240006 2008_11240008_c

表六甲は今が紅葉の見頃。寒霞渓にはかないませんが、なかなか綺麗でした。

2008_11240012 2008_11240014

一軒茶屋から激坂を登って最高峰へ。

山頂付近は気温6℃と思ったより暖かかったものの、紅葉のピークは過ぎて、一足先に冬に入った感じです。

これで15ヶ月連続、自転車で六甲山登頂を達成scissors

2008_11240017

帰りに交通規制に引っかかってしまいました。神戸全日本女子ハーフマラソンの日だったみたいです。

そろそろランニングも本腰を入れねば…。

レース(ハーフマラソン)まであと27日。

走行距離 49.67km
所要時間 2:54
走行時間 2:20
平均速度 21.1km/h
最高速度 60.2km/h
走行ルート

ブログランキング参加中。応援よろしくお願 いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ Banner_03_2

| | コメント (0)

2008.10.05

2008/10/4 六甲山周遊

熊野古道HCのためのトレーニングに、六甲山を周遊してきました。

数か月前にALPSLABか何かで見かけたコースです。こんなハードなコース、どこの誰が走るんだろうとその当時は思っていましたが、「六甲山中チャリ栗毛」なんていうブログタイトルを掲げている以上、やはりチャレンジせざるを得ないでしょう。

自宅を出発して、高羽交差点から表六甲TTを開始。

2008_10040001

六甲ケーブル下から旧道に入り、平均勾配9%、最大勾配16%といわれる表六甲ドライブウェイを疾走。

丁字が辻までのタイムは37分17秒。30分を切る人もいるようですから、まだまだ甘いですね。

2008_10040005 2008_10040007

六甲山最高峰はススキの穂が風になびきすっかり秋らしくなりました。

2008_10040009

いったん逆瀬川に下りました。

そして再び一軒茶屋を目指して登りなおします。

信号で2度足止めされ、足も売り切れてきて、ブログには載せられないような散々な記録sweat01

2008_10040013 2008_10040014

まだまだ先は長いので、記念碑台の「登六庵」でかなり早めの昼食をとって休憩しました。

2008_10040015 2008_10040022

裏六甲ドライブウェイを唐櫃まで往復し、表、東に続いて裏六甲ルートを制覇。

表六甲と裏六甲は元有料道路だけあって、大変走りやすい道路です。六甲を走るなら、表六甲を登って裏六甲を下る横断コースが、最もお勧めするルートのひとつです。裏六甲を下った後には有馬温泉や蓬莱峡というオプションもあります。

小部峠まで往復して西ルートも制覇。

終いには、勾配の緩い西六甲ドライブウェイさえ休み休みでないと登れない状態に…。誰ですか、こんな変態的ルートを考えたのは!(笑)

2008_10040028 2008_10040032

表六甲を下って、自宅へ。

表六甲のダウンヒルでイノシシと遭遇しましたが、ラチェット音に驚いたのか一目散に逃げられてしまいました。

最後の写真は、本土とポートアイランドの間にかかる神戸大橋から見た六甲山です。

走行距離 109.22km
所要時間 7:24
走行時間 5:35
平均速度 19.5km/h
最高速度 69.7km/h
走行ルート

ブログランキング参加中。応援よろしくお願 いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ Banner_03_2

| | コメント (2)