サイクリング記録 - 日本海沿岸

2009.03.22

2009/3/21 丹後半島一周

連休中日の3月21日は絶好のツーリング日和。

1年半前の日本海ツーリング3日目でショートカットしてしまい、それ以来いつかは走ろうと思い続けていた場所、丹後半島へ日帰りで出かけました。

三宮まで自走し、5時41分発の地下鉄西神・山手線の始発に乗車。神戸鉄道、JR、北近畿タンゴ鉄道を乗り継いで宮津まで輪行です。

2009_03210001

北近畿タンゴ鉄道は1両編成のローカル線。カニのシーズンも過ぎたというのに、なぜか満員でした。

9時15分に宮津に到着。

とりあえず天橋立まで走り、名物の知恵の餅を食べて補給しました。

2009_03210013

1年半前のツーリングの時は天橋立を縦断しましたが、今回は阿蘇海に沿って迂回しました。

天橋立縦断はロードバイクには不向きですし、迂回路も景色がいいわけでもなく交通量も多く、楽しい道ではありません。天橋立を楽しむならリフトで展望台に登るのが一番でしょう。

2009_03210019

R178を北上。伊根を目指して海沿いの平坦な道路を走りました。丹後半島一周で平坦路が続くのはここだけです。

2009_03210027

伊根の舟屋。伊根湾に沿ってバイクで走るのも良いし、遊覧船に乗って観光することもできます。

2009_03210041 2009_03210044

高台にある道の駅で「あら煮定食」をいただきました。1200円でボリュームたっぷりのあら煮。お得です。

2009_03210045

道の駅のデッキから伊根湾が一望できました。

2009_03210051 2009_03210056 2009_03210062 2009_03210065

伊根から経ヶ岬方面に行くにはR178を走るのが道に迷わないし手軽ですが、時間と体力に余裕があればぜひ海岸沿いに走ることをお勧めします。

林道のような雰囲気の登りがあったかと思えば、次は海に吸い込まれるようなダウンヒル。自動車など一台も通りません。

2009_03210071 2009_03210074

浦島太郎の伝説の残る浦嶋神社とその隣にある浦嶋公園。

この先でR178に合流。丹後半島らしい素晴らしい景色が続きます。

2009_03210079 2009_03210083 2009_03210085 2009_03210088

経ヶ岬トンネルを過ぎて少し走ったところで右折して、経ヶ岬の駐車場へ。

2009_03210093

駐車場にバイクを停めて、ちょっとしたハイキングです。

2009_03210095

展望台まで400m、健脚の人なら5,6分。展望台からの景色はいまいちですが、途中の階段から見える景色がきれいでした。

2009_03210107

半島の西側に行くにつれてストレートな道が増えてきます。

2009_03210110

野生の猿を何グループか見かけました。

2009_03210119

丹後松島という景勝地のようです。

2009_03210121

何の変哲もない海岸の景色にも心が洗われます。

2009_03210122 2009_03210130

左:屏風岩

右:立岩

休憩のために立ち寄った「道の駅てんきてんき丹後」で長居してしまって、網野に着いたのは午後4時前でした。

帰りの電車の時間と脚の残り具合をみて網野から先のルートを再考。

浜詰までは海岸の峠越えルートを通り、ゴールは豊岡から久美浜に短縮することに決めました。

2009_03210138

写真は七竜峠に向かう途中の道。

140mくらいの小さな峠なのですが、久々の100kmオーバーだったこともあって、登りの途中でヘロヘロになってしまいました。

2009_03210149 2009_03210151

久美浜でおみやげを買って、久美浜駅に無事ゴール。

帰りの電車の接続が妙に悪くて家に着いたのは夜0時頃。行き帰りの輪行に、電車の乗り換え待ちの時間を含めて9時間もかかりました。神戸・大阪方面から行くには、宮津まで車で往復(帰りはゴール地点から宮津まで輪行)したほうがずっと楽だと思います。

走行距離 109.63km
所要時間 8:18
走行時間 5:00
平均速度 21.8km/h
最高速度 61.6km/h
走行ルート

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

これまでのツーリングレポートはこちら

ブログランキング参加中。応援よろしくお願 いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ Banner_03_2

| | コメント (0)

2008.12.01

2008/11/29 舞鶴コッペガニツーリング

熊野古道HC前にちょっとだけ落とした体重が見事にリバウンドし、最近は61kg前後をウロウロしています。

ベストコンディションを取り戻すべく、久しぶりに脂肪燃焼ロングライドに出かけました。

舞鶴まで日本海を見に行ってそのまま自走で帰ってくる250km。今年6月にシフトワイヤーが切れて泣く泣くリタイアした、あのルートに再挑戦です。

2008_11290003

朝4時過ぎに出発し、7時頃に能勢町を通過。

深い霧に立ちこめ、気温は2℃前後と真冬並み。冬用の厚手のグローブを持ってこなかったのを後悔しました。

2008_11290005

霧が晴れると、綺麗に色づいた山々が姿を現しましたmaple

2008_11290013 2008_11290014

海抜500mの天王峠付近では雲海を見ることができました。

2008_11290021

須知山トンネルを越えて綾部市へ。このトンネルの後は、舞鶴までほとんど登りがなく楽勝です。

2008_11290024

目的地の舞鶴とれとれセンターに着きました。

2008_11290026

店内は活きの良い舞鶴産のカニcancerが並んでいます。

松葉ガニは4000円~20000円と手が出しづらい値段ですが、松葉ガニのメス、コッペガニ(地域によってはセイコガニとも呼ばれます)は1杯700円~1800円。

2008_11290028

コッペガニ(800円)をホタテの照り焼き(500円)とともに購入して、さっそくランチタイム。

2008_11290030

コッペガニをさばいたところ。

物足りないので、さらに食堂で鯛茶漬けを注文。

腹八分目になったところで、神戸に帰る準備を整えました。

2008_11290034

出発前に、忘れずに舞鶴港で記念撮影。

2008_11290039 2008_11290045

帰りも同じ道を走り神戸に帰りました。

板坂峠、天王峠と登りが続き足どりが重くなってきましたが、能勢の下り(トンネルが続くところ)で思い切りもがいていたら脚の乳酸が抜けたよう。その後は200km走ったとは思えぬほどペダルがよく回りました。

今回通ったルートがたぶん神戸舞鶴間のいちばん楽な経路です。ただし能勢付近は交通量が多くて走りにくいので、天王峠以南は県道12号線を通った方が良いのかもしれません。

本場日本海の松葉ガニを食べに行こうと思ったら、旅行会社の日帰りツアーでは最低でも2万円くらい(1万円前後のツアーはほぼ間違いなくロシアなどの外国産)はするのではないでしょうか。

一方、自転車で自走して舞鶴産コッペガニを食べに行けば1000円でお釣りが返ってくる超格安ツアーですsign03

ただしエンジンの燃料費が意外と高くついたりして。

走行距離 250.29km
所要時間 15:05
走行時間 10:27
平均速度 23.9km/h
最高速度 61.3km/h
走行ルート

ブログランキング参加中。応援よろしくお願 いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ Banner_03_2

| | コメント (2)

2008.06.15

2008/6/14 舞鶴岩牡蠣ツーリング

最近ヒルクライムばかりだったので、たまにはロングライドにでもと思い地図を眺め、今週末は舞鶴方面へ行くことに決めました。決め手は6月から8月にかけて旬を迎える岩牡蠣restaurant

帰りも自走して1日の走行距離の自己記録を塗りかえようと考えていましたが、念のため輪行袋を持参しました(これが大正解でした)。

2008_06140001

4時9分に自宅を出発。すでに明るくなり始めていました。ロングライドには日の長いこの時期が一番いいのかもしれません。

写真は神戸大橋からみた神戸の街並みと六甲山。

国道173号線経由の最短ルートで舞鶴を目指しました。心拍数150以下のLSDペースでゆっくりと。

2008_06140007

能勢街道のいくつものトンネルを抜けて、大阪の西北端、能勢に向かいました。トンネルの合間に知明湖の風景が楽しめます。時間に余裕があればほとんど車が通らない湖畔の快適な道を通りたいところです。

2008_06140010 2008_06140017

この日の最高地点、はらがたわトンネルを抜け、篠山から綾部にかけてののどかな道を走りました。国道なのでそれなりに交通はありますが、大阪府内に比べるとずいぶんましです。

2008_06140022

須知山トンネルの3km手前で予期せぬトラブル発生。

リアのシフトワイヤーが切れてしまいましたcoldsweats02

あとで知ったのですが、シマノ10速はシフトのインナーワイヤーが切れやすく、半年に1回くらいは交換した方が良いらしいです。

リアがトップの11Tに固定されてしまうほかは問題なかったので、インナートップが使えるようにフロントディレーラーを微調整することで応急処置。

34T×11Tというピスト並の重いギアで須知山トンネルまで登り、最寄りの綾部駅を目指しました。

ん、意外と走れる…。

このままでは海の幸への未練が残るため、調子に乗って東舞鶴まで行ってしまいました。心拍数180台の全開ペースで爆走。西舞鶴から東舞鶴へ行く途中のちょっとした上りが激坂に感じました。

2008_06140026

ようやく舞鶴湾に到着。

トラブルがなければ湾の向こうに見えている白い橋を渡って舞鶴親海公園まで行く予定でした。

080614_11490001 080614_12050001

「松きち」という店で舞鶴名物の肉じゃがとお目当ての岩牡蠣をいただきました。どちらも期待を裏切らない絶品でした。

残念ながらこの日のツーリングはここで終了。東舞鶴駅まで歩き、輪行で帰りました。

走行距離 133.45km
所要時間 7:41
走行時間 5:32
平均速度 24.0km/h
最高速度 65.8km/h
走行ルート

ブログランキング参加中。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ Banner_03_2

| | コメント (6)

2008.05.10

2008/5/6 京都~三方五湖

連休最終日の5月6日、天気予報では絶好の行楽日和sun。体調もすっかり回復したので、日帰りツーリングに出かけました。

4日~5日に予定していた丹後半島に行くことも考えたのですが、交通の便が悪い丹後半島を1日で走るとなると往復の移動時間だけで9時間以上(自宅→尼崎までの自走時間を含む)かかってしまうため、断念。

以前から行きたかった佐々里峠をメインに、天神橋五丁目さんのレポートを参考にしてアレンジしたコースを予定しました。

朝4時に起床し、三宮まで自走。5時6分発のJR東海道線普通列車に乗車。7時前に地下鉄北山駅に着きました。

2008_05060006 2008_05060007

緩い上りの鞍馬街道を北上。左は鞍馬寺、右は鞍馬温泉前の写真です。

鞍馬温泉から花脊峠は10%前後の勾配が続くヒルクライムTTコースになっています。先が長いので景色を楽しみながらゆっくり流す予定だったのですが、クライマーの悲しい性か、TTコースと知った以上は峠目指して全力疾走sweat01

2008_05060009

花脊峠に到着。26分46秒と、巨大なサドルバックをつけたツーリング仕様にしては健闘しました。

2008_05060011 2008_05060012

花脊峠の美山側はのどかな農村の風景が楽しめる素晴らしいルートです(京都側も雰囲気の良い道です)。

2008_05060014

別所川、桂川にそってさらに北上し、佐々里峠を目指しました。

2008_05060021 2008_05060024 2008_05060028

佐々里峠も花脊峠に劣らず厳しいヒルクライム。峠の頂上は八重桜が満開でした。

2008_05060033 2008_05060038

佐々里峠の下り。新緑がきれいで、何度も立ち止まっては写真を撮り、下りなのにえらく時間がかかりました。

2008_05060048 2008_05060052 2008_05060054

美山町から五波峠を越えて福井県に入りました。五波染ヶ谷林道は土砂崩れの跡が何箇所もある荒れた道路ですが、雰囲気がよく車もほとんど通らない、自転車にはあつらえ向きのルートです。勾配は花脊峠や佐々里峠に比べると幾分穏やかです。

2008_05060058 2008_05060063

国道162号線を北上し、ついに若狭湾にやってきました。ここまで走行距離87km。ここから先はずっと、若狭湾や三方五湖に沿った絶景ルートが続きます。

デジカメの不調でこの日撮ったすべての写真に黒いしみのような影が写ってしまったことが悔やまれます。

2008_05060069 2008_05060074 2008_05060075 2008_05060078 2008_05060088

小浜から三方五湖までの写真です。1枚目は甲ヶ崎、2枚目と3枚目は志積、4枚目は志積トンネルの旧道、5枚目は世久見で撮影。

2008_05060092

世久見トンネルを抜けてから左折し、常神に向かう湖畔の道路を走りました。写真は三方湖と水月湖の境目のところ。

2008_05060097 2008_05060104 2008_05060107 2008_05060115 2008_05060117 2008_05060119

常神半島の先端まで行ってみました。帰りも同じ道を走らねばならないことが玉にきずですが、累積登坂高度400~500mのアップダウンが苦にならないような超絶景の連続です。青い海と新緑が何とも言えないくらいきれいでした。タヌキやサルといった野生の動物も見られました。

2008_05060128 2008_05060133

水月湖の湖畔の道を通って美浜に向かいました。標識がなく入口がわかりにくいですが、車がほとんど通らず快適で、三方五湖を効率よく自転車で巡るのに欠かせない道です。

美浜の寿司屋で新鮮な海の幸を堪能した後、美浜駅へ。駅に着いたのは17時半頃。帰りは帰省ラッシュ真っただ中の満席の雷鳥で輪行しました。

走行距離 159.63km
所要時間 9:55
走行時間 7:03
平均速度 22.5km/h
最高速度 57.5km/h
走行ルート

ブログランキング参加中。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ Banner_03_2

| | コメント (2)

2007.12.30

2007/9/25 ツール・ド・日本海 第4ステージ

4日目は城崎温泉から鳥取まで。景色がとても良いと聞いており、一番楽しみにしていた区間です。

前日からの雨が朝まで残っており、このまま止まなければ外湯巡りをして輪行で帰ろうかと思っていたのですが、8時半頃から雨脚が弱まったので、予定より少し遅れてツーリングを開始しました。

2007_09250176 2007_09250177 2007_09250180   

雨の鋳物師戻峠を越えたころから雨が上がり、晴れ間も見えてきました。絶景続きの素晴らしいルートです。

2007_09250186 2007_09250192 2007_09250198   

有名な餘部鉄橋をくぐりました。その先もまた絶景の連続。上の3枚目の写真は今回のツーリングでいちばんお気に入りの写真です。

2007_09250202 2007_09250203 2007_09250205 2007_09250209 2007_09250213 2007_09250225_2      

鳥取県に入ってからもきれいな海岸が続きます。次第に砂浜が多くなってくるのが特徴的です。そして最後は有名な鳥取砂丘。

鳥取駅から輪行で帰路につき、総距離444kmの初の宿泊ツーリングも無事に幕を閉じました。

走行距離 93.74km
所要時間 7:51
走行時間 4:46
平均速度 19.6km/h
最高速度 56.7km/h
走行ルート

| | コメント (0)

2007/9/24 ツール・ド・日本海 第3ステージ

3日目は丹後半島の海岸線をなぞる、今回のツーリングでいちばん厳しいルートの予定だったのですが、ショートカットして城崎温泉でゆっくり体を休めるプランに急きょ変更しました。

2007_09250114 2007_09250117 

まずは栗田半島を一周。若狭湾側から宮津湾側へは峠道を越えていかなければならないのですが、この峠道から時々見える海面がえも言われぬほどきれいでした。

2007_09250124 2007_09250128 

天橋立では自転車を降りてリフトでビューランドに上る観光の定番コースへ。天橋立を自転車で縦断しましたが、中に入るとただの松並木と砂浜にしか見えずあまり楽しいものではありません。

2007_09250130 2007_09250133 

県道53号線を通り、丹後半島を横断しました。海岸沿いの道しか事前の調査をしていなかたので、思わぬ激坂があるのではないかと恐る恐る走りましたが、意外に走り心地の良い道路でした。

道の駅丹後あじわいの郷は、入場料を払わないと売店やトイレを利用できません。入場料の要る道の駅など、はじめて聞きました。

2007_09250138 2007_09250139 2007_09250157

国道178号線は避けて海岸沿いの県道を走りました。アップダウンが続きます。丹後半島から鳥取までの海岸線はこんな感じのところばかりです。

やがて久美浜湾に到着。久美浜湾を反時計回りに周回。あとは小さな峠を2つ越えると城崎です。

2007_09250158 2007_09250162 2007_09250163   

1枚目が三原峠、2枚目が飯谷峠。そして3日目の宿泊地、城崎温泉へ。

温泉街についた直後に雨が降り出しました。丹後半島をショートカットして正解だったようです。

走行距離 93.38km
所要時間 6:46
走行時間 4:35
平均速度 20.3km/h
最高速度 52.3km/h
走行ルート

| | コメント (0)

2007/9/23 ツール・ド・日本海 第2ステージ

2007_09250056 2007_09250058_2 2007_09250063 2007_09250080 2007_09250108 2007_09250109      

2日目は丹後由良までのロングコース。

気比の松原を散策した後、敦賀市街を離れて峠越え。馬背(ましょう)峠の西側は急勾配の直線で、ブレーキをかけないと恐ろしいほどスピードが出ます。

日本海や三方五湖の景観を楽しみながら快調に進んでいましたが、90km程走ったところでややペースダウン。連日100km以上走るのはロード歴3か月の初心者にはこたえます。

舞鶴まで行ってしまうとしばらく見覚えのある道が続き、気分が楽になりました。

宿泊予定の民宿に着いた時には辺りが暗くなり始めていました。

特記するような絶景はなかったように思いますが、海岸の道あり、峠あり、市街地あり、と変化に富んだルートで、1日楽しめました。

走行距離 138.20km
所要時間 9:32
走行時間 6:18
平均速度 21.9km/h
最高速度 64.2km/h
走行ルート

| | コメント (0)

2007/9/22 ツール・ド・日本海 第1ステージ

夏期休暇を利用して、 3泊4日のツーリングを計画しました。

9月22日に加賀温泉を出発し、9月25日に鳥取に到着の予定。果たして無事完走できるのか。

2007_09250005_2 

特急サンダーバード号で輪行。加賀温泉駅で自転車を組み立て、そばの花の咲き乱れる中を巡航。目指すは名勝東尋坊。

2007_09250012 2007_09250018

東尋坊で記念写真を撮りました。自転車で来るような人は一人もおらず、観光客からは奇異な目で見られます。

2007_09250027_3 2007_09250033

東尋坊から海岸にそって南下しました。自動車だと見落としそうな滝や奇岩が散在しています。

2007_09250041 2007_09250047 

河野海岸道路は軽車両(自転車を含む)だと90円と格安。普通車は890円とやや高いため交通量が非常に少なく、とても快適です。

1日目は敦賀のビジネスホテルに宿泊しました。

走行距離 118.70km
所要時間 7:08
走行時間 4:44
平均速度 25.0km/h
最高速度 53.5km/h
走行ルート

| | コメント (0)

2007.12.29

2007/8/11 舞鶴センチュリーラン

2007_08110004s 2007_08110020s 2007_08110026s 2007_08110041s   

38度の炎天下、舞鶴まで自走する(帰りは輪行)という無謀なセンチュリーランを行いました。

・アップダウンを極力少なくする
・いつでもエスケープできるようになるべく線路沿いを走る

上記2点に注意してルートを入念に計画、水分を十分に補給するなど、安全面には配慮しています。

福知山から先は走りやすい道が多く、日本海側に出ると美しい景色が広がり、期待していたよりも良いコースでした。

西舞鶴から東舞鶴に至る舞鶴湾沿いの道が素晴らしいのですが、その頃には暑さと長距離を走った疲れでバテバテになっていました。

走行距離 169.71km
所要時間 11:09
走行時間 7:04
平均速度 24.0km/h
最高速度 61.9km/h
走行ルート

| | コメント (0)