サイクリング記録 - 兵庫県内陸部

2009.01.26

2009/1/25 城崎センチュリーラン

各地でこの冬一番の寒さを記録した週末でしたが、無謀にも峠を越えて日本海まで北上するセンチュリーライドを走破してきました。

2009_01250001

家を出たのが朝5時過ぎ。1時間あまりで舞子公園に着きましたが、まだ真っ暗。

明石からR175を北上しました。

内陸にはいると気温が一気に下がり、三木市内の路上の温度計は-4℃の表示。寒ぅ~!

2009_01250004

西脇市の野村東交差点を左折。加古川を渡ってR427へ。

2009_01250009

R427は緩い登りが続きスピードは落ちますが、のどかで気持ちの良いルートです。

2009_01250012

播州トンネルを通過。トンネル内は北に向かって緩い下りになっています。

2009_01250016

丹波市から遠阪峠経由で和田山へ向かいます。途中で遠阪トンネルを通る有料道路と遠阪峠を通る旧道に分岐します。

2009_01250021

ほとんでの自動車はトンネルを通っていくので、旧道は交通量が少なくて快適です。

2009_01250022 2009_01250025

峠の頂まではロードバイクで走行可能。下り(峠の西側)は一部凍結しているところがあり、両足のクリートをはずして慎重に下りました。

2009_01250027 2009_01250032 2009_01250035

和田山から城崎へ円山川に沿って北上しました。北上するにつれて雪は深くなり、やがて一面の銀世界に。

豊岡から城崎までは県道3号線ではなくて対岸の県道548号線がお勧めです。多少のアップダウンはありますが、交通量は県道3号線と比べ雲泥の差です。

2009_01250042

2009_01250047

県道548号線の途中にある玄武洞。見事な柱状節理に圧倒されます。

2009_01250048

城崎温泉駅に到着。駅の北側の駐輪場にバイクを停め、温泉街を散策しました。

2009_01250050 2009_01250051

昨年と同じ店でイカ丼と焼きガニをいただいた後、

2009_01250052

外湯巡りを満喫しました。

今回は駅前の「さとの湯」。城崎の外湯の中では近代的な感じで、バラエティーに富んだ風呂が楽しめます。ペンギンサウナという室温氷点下のナゾのサウナもありました。

2009_01250054

17時18分発の特急で帰路につきました。

センチュリーライド後の輪行ビールが最高でした。

走行距離 169.82km
所要時間 10:07
走行時間 7:07
平均速度 23.8km/h
最高速度 57.3km/h
走行ルート

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

これまでのツーリングレポートはこちら

ブログランキング参加中。応援よろしくお願 いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ Banner_03_2

| | コメント (0)

2008.10.13

2008/10/11 篠山黒枝豆ツーリング

3連休の初日は、丹波篠山までロングライドしてきました。

脂肪燃焼と黒枝豆が目当てなので、景色の良し悪しにはあまりこだわっていません。絶景写真は今回一枚もないのであしからず。

2008_10110002 2008_10110003

宝塚の生瀬橋を渡り、県道33号線で三田を目指して走りました。

宝塚市は北に長くのびた形をしているので三田までの道のりは思いのほか長いです。

2008_10110005 2008_10110006

有馬富士公園口で右折して、県道49号線を北上。

満開のコスモスを見つけ、思わず足を止めて写真撮影camera

2008_10110012

「乙原バレイ」バス停から急に傾斜がきつくなって、永沢寺まで延々と10%くらいの登り坂が続きます。このルート、ヒルクライムの練習には向いているかも。

2008_10110014 2008_10110015 2008_10110016

永沢寺の向かいには花しょうぶ園があり、園内に「雲水そば」という蕎麦屋があります。しょうぶのシーズン以外は入園無料のようで、蕎麦の代金だけで食べられました。

2008_10110017

この日たまたま、蕎麦屋の隣で「そば打段位認定会」という会が開催されていました。そば打ちに段位があるとは初めて知りました。

2008_10110020

このあたりはソバだけでなくお茶の産地でもあり、茶畑も目立ちます。

永沢寺から小さな峠を一つ越えると篠山市。

黒枝豆の収穫シーズンは街中に黒枝豆の直売所が立ち並びます(今年は10月5日解禁)。

2008_10110022

しぶや黒豆農園というところでバラ売りの黒枝豆を購入しました。ほとんどの店は枝についたままの状態で売られており、かさばってロードバイクで持って帰るのは大変です。バラ売りを見つけて幸運でした。

2008_10110024 2008_10110025

農道を走ると、収穫間近の黒枝豆をちらほら見かけます。

2008_10110037 2008_10110039

帰りに西宮の「淡路島バーガー」に寄ってみました。

店先はハンバーガーショップらしからぬ香ばしいにおいが漂っていて、焼きあがるまでの待ち時間、期待が膨らみます。もちろん期待を裏切らないテイスト。レギュラーサイズにオニオンリングとスモークベーコンをトッピングして700円。

帰ってから、さっそく黒枝豆をゆでてみました。大粒のほんのり黒みがかった豆、何とも言えない甘みがあり、ビールのつまみには最高ですbeer

黒枝豆のシーズンは10月20日頃までの短期間なので、まだ手に入れていない方はお急ぎを。

走行距離 154.33km
所要時間 9:17
走行時間 6:40
平均速度 23.1km/h
最高速度 63.3km/h
走行ルート

ブログランキング参加中。応援よろしくお願 いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ Banner_03_2

| | コメント (4)

2008.08.16

2008/8/10 三春峠・大たわ

先週末、篠山の北にそびえたつ多紀アルプスへ行ってきました。

以前から計画だけは立てていたのですが、なかなか行く機会がなくて、こんな暑い時期になってしまいました。アルプスとはいっても舗装路の最高地点が500mくらいの低山なので、標高200mの篠山市街とほとんど暑さは変わらないのです。

2008_08100003 2008_08100004

篠山城跡の駐車場に車を停めて(1日200円)、篠山市役所前でIndigoさんと合流。

2008_08100006 2008_08100011

まずはにしきトンネルを通って栗柄峠を目指しました。ほとんど登ることなく栗柄峠に到着。左折して快適な春日栗柄線を走り、この日2つめの峠、春日峠の登りが始まりました。

Indigoさん、フラットペダルのクロスバイクのわりに登りがえらく速いです。

2008_08100014

ボトルケージが干渉してフロントがインナーに入らないため、急きょボトルケージをはずすIndigoさん。ということは今までインナー封印で坂を登ってきたんですかcoldsweats02

2008_08100015 2008_08100016 2008_08100021

三春峠の頂上付近の景色。ツーリングマップルに書かれている通り、なかなか良い眺めです。

2008_08100024

三春峠を越えて、しばらく福知山市内を走りました。気温はどんどん上がり、汗の量も半端ではなく、自動販売機を見つけるたびに飲み物を買っていたような気がします。

2008_08100030

箱部峠を過ぎて、その次の名もなき峠に向かうところ。名無し峠にしては手ごわい登りでした。

2008_08100039

メインディッシュの大たわ。平均勾配10%の厳しい登りで、まるでGF吉野の足ノ郷越のようでした。「たわ」は「山へん」に「定」と書きますが、PCでは表示できません。

2008_08100041 2008_08100047

右は峠付近の最後の激坂。ブログを書かれているサイクリストならわかると思いますが、激坂を写真で表現するのは案外難しかったりします。

結局ほぼ予定通り、栗柄峠、三春峠、箱部峠、”名無し”峠、鼓峠、大たわ、の計6つの峠(といっても峠らしい峠は3つ程)を越える75kmのコースになりました。コース自体は走りやすい良いコースですが、標高が低く真夏に走ると暑いので、もう少し涼しい時期に走るのがお勧めです。

走行距離 75.67km
所要時間 4:59
走行時間 3:28
平均速度 21.7km/h
最高速度 59.3km/h
走行ルート

ブログランキング参加中。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ Banner_03_2

| | コメント (2)

2008.08.12

2008/8/9 鳥ヶ乢

8月9日にはちくさ高原にヒルクライムに行く予定でしたが、結局、途中でリタイアしてしまいました。

寝坊してしまい、予定より2時間ほど遅れて姫路駅に到着。ここに来てボトルを家に忘れてきたことに気付きました。

仕方がないので、リクセンカウルのバッグに500mLペットボトルを2本詰め込んで出発。県道67号線から県道80号線に入り、快適な田舎道を走りました。

2008_08090002_2 2008_08090004

山崎から国道29号線を北上。なんとなく体調がすぐれない。熱射病になりかけ?早くも、ちくさ高原まで行くのは無理な予感。

斉木口で左折して、国道429号線へ。やがて鳥ヶ乢への登りが始まります。

2008_08090007

2008_08090010

最後の道の駅との標高差は400mくらいとたいしたことはないのですが、勾配がかなりきつく、鳥ヶ乢の頂上に着く頃には標高1000m以上の峰越峠まで行く気は完全に失せてしまいました。

2009年春には鳥ヶ乢トンネルが開通するそうなので、ちくさ高原への道のりが少し楽になります。

2008_08090020 2008_08090026

千種の集落からで左折して、佐用方面へと南下しました。県道53号線沿いのひまわり畑は壮観です。

ひまわりに見とれていたら、突然ゴロゴロと雷の音が…。

2008_08090028

入道雲も出てきて、夕立になりそうな空模様。ゴール地点へと急ぎました。

2008_08090029

千種川に沿って南下。当初の予定では相生駅まで自走することになっていたのですが、次の日のツーリングやその次の日から始まる1週間のことを考えて、上郡駅をゴールとしました。

走行距離 115.26km
所要時間 6:44
走行時間 4:47
平均速度 24.0km/h
最高速度 69.0km/h
走行ルート

ブログランキング参加中。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ Banner_03_2

| | コメント (2)

2008.07.08

2008/7/6 青垣峠・生野

先週末は、青垣峠をはじめとする、兵庫県中央部の大小4つの峠を越えるルートを走破してきました。

2008_07060001 2008_07060003

まずは車で西脇市の日本へそ公園へ。西脇市まで輪行で行くほうがエコなのですが、輪行では2時間以上かかるところを車だと1時間で着いてしまいます。

中、加美を経てこの日最初の峠である播州峠を目指しました。

2008_07060008

旧道を上っていくと播州峠にたどりつきますが、「林道につき通行止め」という表示があり通れなくなっていました。たとえ柵を乗り越えても、木の枝や落ち葉が散乱していてとても走れたものではありません。

2008_07060011

続いて青垣峠。東側からの登りは超激坂です。最後のほうは15%前後の勾配が数百メートルも続き、この日一番の難関でした。

青垣峠を下り、途中で交差点を右折して黒川温泉方面へ向かいました。

2008_07060012

灰色の壁が正面に見えてきました。黒川ダムです。

左折してしばらく坂を登ると、ダム湖の湖畔の周遊道路に合流します。

2008_07060015 2008_07060018 2008_07060019 2008_07060020 2008_07060023

周遊道路はわりとアップダウンがありますが、高台から見下ろす湖面が素晴らしくきれいでした。自動車や二輪(オートバイ)はほとんど全く通らないし、歩行者もいないし、まさに自転車天国です。

2008_07060026

温泉街の喫茶店でじゃがいも饅頭とアイスコーヒーをいただき、一服しました。

2008_07060030 2008_07060033 2008_07060035

黒川渓谷、銀山湖を通過して生野銀山へ。ここで次の峠に向けて、もう一度休憩をとりました。

2008_07060036

生野から新田への峠道。手元の地図には名前が載っていません。上の写真は、分かりにくいかもしれませんが、峠道の途中にある「乙女の滝」を撮ったものです。

2008_07060037

峠に到着。峠の標識が見当たりません。やはり名なしの峠なのでしょうか?

2008_07060041

新田ふるさと村で蕎麦をいただきました。ツーリングマップルに書いてある「杉ん子茶屋」は見当たりませんでした。探し足りなかったのか、あるいは店の名前が変わったのかもしれません。

2008_07060042 2008_07060043

「越知川名水街道自転車下りコース」の標識を見かけました。レンタサイクルを借りてバスで上り、下りだけサイクリングを楽しめるという、企画のようです。

格別に景色がいいわけでもなく、舗装の状態もいまいちで、あまりお勧めできるコースではありません。

2008_07060046 2008_07060049 2008_07060052

最後は高坂峠。ここは旧道の途中に名水が湧き出ているためか、旧道もよく整備されてました。上りも下りもロードの細いタイヤで何ら問題ありません。

2008_07060053

「松か井の水」という水が湧いていますが、水を汲みにくる人はひとりもみませんでした。

その後、県道143号線、34号線を通って西脇市へ。

最高気温30度以上の暑い日で、予想以上に体力を消耗し、最後は時速20kmキープが精一杯の状態でした。

走行距離 148.25km
所要時間 8:49
走行時間 6:27
平均速度 22.9km/h
最高速度 67.9km/h
走行ルート

ブログランキング参加中。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ Banner_03_2

| | コメント (4)

2008.04.14

2008/4/13 峰山・砥峰 林道巡りツーリング

先月、積雪のために完走できなかった雪彦峰山林道に再挑戦しました。ついでに砥峰高原の周囲に張り巡らされた林道も走りまわってみました。

ヒルクライムのトレーニングを兼ねているので、いつもより幾分ハードなコース設定になっています。

香寺まで加古川・姫路バイパス、播但道経由で、車で70分。香寺総合公園に車を停めてツーリング開始。

2008_04130005_3 2008_04130007 2008_04130008

大正時代に作られたというレンガ造りの相坂トンネルを抜け、菜の花と桜が満開の夢前川沿線を北上し、雪彦山のふもとまで走りました。

2008_04130011 2008_04130016

雪彦山登山口を過ぎると本格的なヒルクライムになります。14%勾配の標識が見えます。

2008_04130025 2008_04130034

峰山高原からおおかわち高原ラインを通って砥峰高原に到着。一週間前に山焼きが行われたばかりで、あたり一面焼け野原でした。名物の平家そばはまだ冬季休業中で残念ながら食べられず。4月26日から営業再開らしいです。

2008_04130046 2008_04130051 2008_04130057 2008_04130064

林道千町・段ヶ峰線で100m程登った後、大河内林道で一気に下りました。国道429号線に合流するまで自転車天国のような道が続きます。

2008_04130067 2008_04130068

家原遺跡公園内のまほろばの湯で昼食をとりました。今月の田舎定食…だったかな。

2008_04130073 2008_04130074 2008_04130077

福知渓谷を経て砥峰高原に戻りました。足が売り切れ寸前でした。

2008_04130087 2008_04130092

林道峰山太田池線で太田池を目指しました。途中に見晴らしの良い場所があり、黒岩滝や峰山高原が一望できました。太田池周囲を散策し、下山しました。

2008_04130103 2008_04130109

長谷ダム付近も桜が見頃でした。寺前の水車公園に寄り道。公園内にあるこっとん亭の麦とろ定食はおすすめです。

この後、雨がぱらついてきたので急いでゴールにむかいました。

この日の獲得標高、たぶん2200mくらい。来週予定している高野龍神スカイラインよりきつかったかも。

走行距離 135.48km
所要時間 9:40
走行時間 6:56
平均速度 19.5km/h
最高速度 66.9km/h
走行ルート

ブログランキング参加中。応援よろしくお願いします→にほんブログ村 自転車ブログへ Banner_03_2

| | コメント (0)

2008.03.18

2008/3/16 雪彦山・峰山高原

姫路から峰山高原まで往復するヒルクライムコースを走ってみました。

砥峰高原~峰山高原は、昨年、砥峰高原を走ったのについで今回2回目ですが、いい雰囲気の道が多く、神戸や大阪からでも走りに来る価値は十分あると思います。

2008_03160001

神戸から姫路まで、神明道路やバイパスを利用して1時間ちょっと。書写山のふもとに車を置き、ロードバイクで峰山高原を目指しました。

気温3℃。上のほうに行ったら雪が降るのではないかと心配するくらいの寒さでした。

2008_03160006 2008_03160007

山之内の集落で左に曲がり(気をつけないと見過ごしてまっすぐ行ってしまいそう)、雪彦山方面に向かいます。「シャガのさと」と書かれた雰囲気の良い道になり、徐々に勾配を増していきます。

2008_03160010

雪彦山のバス停に到着。少し先に登山口やキャンプ場があります。

2008_03160014 2008_03160019

登山口をすぎると、勾配がさらにきつくなります。賀野神社あたりまで登ると…

2008_03160017

雪彦山がこんなに近くに見えます。雪彦山を左手に見ながら林道を進み、どんどん標高を稼ぎます。

2008_03160022

落石の対策が十分でなく、ところどころ岩石が転がっていました。

急に頭上のほうからガサガサと音がしたので、落石かと身構えて上を見上げたら、落石ではなくて野生のシカを発見。あわててカメラを出して写真を撮りましたが、すでに姿を消していました(上の写真)。

2008_03160024 2008_03160027

視界がひらけて、目の前に絶景がひろがります。

2008_03160029 2008_03160031

きついと思ったら、12%、13%の標識が…。でも景色が良いのでそんなに苦にはなりません。

2008_03160032

調子よく走っていたら、だんだん積雪が増えてきました。雪の中、バイクを押して歩くのは激坂を登るより疲れます。

2008_03160037

右カーブは斜面で陰になるためことごとく積雪があり、その都度バイクを降りて歩きました。だんだん雪が深くなり、ふくらはぎまで雪に埋もれるようになってきました。

もう勘弁してくれ、と言いたくなるほど雪道が続きました。トータル2kmくらい歩いたでしょうか。

2008_03160043 2008_03160047

苦労の末、坂の辻峠に到着。さらに峰山高原まで走りました。

2008_03160052 2008_03160054 2008_03160058 2008_03160063

帰りは西に下りて、穴粟市を経由して姫路に戻りました。のどかな風景のなか、下り基調の快適な道が続きます。

2008_03160067

姫路市内の「九十九蕎麦」で遅めの昼食。店のご主人が自転車を趣味にしており、自転車談義をした末に、帰りにお土産までもらいました。

走行距離 107.50km
所要時間 7:42
走行時間 5:30
平均速度 19.5km/h
最高速度 62.4km/h
走行ルート

ブログランキング参加中。応援よろしくお願いします→にほんブログ村 自転車ブログへ Banner_03_2

| | コメント (0)

2008.03.09

2008/3/8 城崎センチュリーラン

日帰り温泉ツーリング第4弾。今回は有名な城崎温泉へ行ってきました。

昨年9月のツーリングで城崎温泉に宿泊し、鴻の湯、まんだら湯、一の湯の3つの外湯に入りました。今回は城崎温泉まで自走し、御所の湯、それから時間があればもうひとつ外湯に入り、輪行で帰るプランです。

2008_03080004

少し回り道になりますが、明石から姫路まで姫路明石自転車道を利用しました。

2008_03080006 2008_03080007

日の出直前の明石海峡大橋がきれいでしたshine

朝日を背にして西へと走り、江井ヶ島に到着。

2008_03080008

瀬戸川を渡ったらところで上流に向かって走り、新幹線の高架まで来たら、高架下の道を西に進みます。しばらく進むと、姫路明石自転車道の標識がでてきます。

この先姫路まで、段差だらけの不快な自転車道(「自転車道」なんて名前だけですannoy)が延々続きます。

2008_03080010 2008_03080013

加古川を渡り(左:播州大橋)、さらに市川を渡った後(右:市川橋)、北上して豊岡を目指しました。

2008_03080014 2008_03080016 2008_03080017 2008_03080020

姫路~生野は歴史のあるルートのようですが、その面影は残念ながらほとんど残っていませんでした。市川・猪篠川沿いの国道312号を北上し、生野峠を越えました。

2008_03080024 2008_03080027

円山川にそって緩い下り坂を下って行きました。

ツーリングマップに書いてある通り、車の流れがハイペースで、制限速度ジャストの40km/hで走っていても、ものすごい速さで追い越されます。

2008_03080032 2008_03080034

150kmを越えるとしんどいです。向かい風が吹いていることもあってか、なかなか距離が伸びません。

円山大橋の手前の河川敷で休憩し、リバーサイドラインを北上しました。

2008_03080038 2008_03080041_5

9時間16分かかってゴールの城崎温泉に到着notes

相変わらず混雑しています。駅前の駐車場には順番待ちの車が並んでいました。この駐車場の奥に無料の駐輪場があります。

御所の湯でゆっくりした後、外に出たら、入湯の順番待ちの列ができていました。

2008_03080042

「おけしょう鮮魚の海中苑」で揚げ物定食(写真、1570円)をいただきました。メニューが豊富なうえ、一人でも入りやすいお店です。

帰りは17時18分の特急はまかぜで輪行しました。

日帰り温泉ツーリング第5段は未定。どこか手頃な距離でいい温泉はないでしょうか?

走行距離 169.85km
所要時間 9:16
走行時間 6:55
平均速度 24.5km/h
最高速度 51.3km/h
走行ルート

ブログランキング参加中。応援よろしくお願いします→にほんブログ村 自転車ブログへ Banner_03_2

| | コメント (0)

2008.03.02

2008/3/1 小野尻峠・大峠

「ぶらっーと、自転車で」 というサイトで紹介されている小野尻峠・大峠を通る周回コースを走ってきました。

上記のサイトは、サイクリングの計画の際によく利用させていただいてます。走りごたえがあり、かといってきつすぎない、手ごろなコースが多く参考になります。

2008_03010001 2008_03010002

高速道路を車で走り西脇へ。朝から雨が降り続き、引き返して家でゆっくりしようかどうか迷っていましたが、西脇に着いたとたんに雨があがり晴天になりましたsun

「日本へそ公園」に車を停めました。ここが70km弱の今日のコースのスタート・ゴール地点になります。

2008_03010007 2008_03010008

のどかな県道を走り、やがて小野尻トンネルを通過。

2008_03010014 2008_03010019

吊り橋をロードバイクに乗って渡りました。はたから見ると危なっかしく見えますが、自転車で渡ると意外に揺れが少なく、恐怖感は感じません。

サドルの後ろについているのは先日購入したリクセン・カウルのシートポストバックです。6Lと大容量でありながら、ロードバイクに取り付けても体やタイヤと干渉することなく、付け外しも簡単で、とても便利です。ダンシングしても予想していたほどの重さは感じません。

リクセン&カウル(RIXEN&KAUL) コントアーマグナム シートポストバッグ CO811 リクセン&カウル(RIXEN&KAUL) コントアーマグナム シートポストバッグ CO811

Amazon.co.jpで詳細を確認する

2008_03010021 2008_03010022

篠山川と、そのほとりにある恐竜化石発掘現場。

2008_03010026 2008_03010028

恐竜化石発掘現場を過ぎると急に勾配がきつくなります。大峠への登りです。

大峠を越えるとなだらかな下りになります。写真右は黒石ダムのダム湖。

その後も下り基調ののどかな道が続きます(一部10%勾配の登り区間もありますが)。

2008_03010030 2008_03010031

しら坂トンネルを抜けてゴルフ場の横を過ぎると、間もなく西脇の街並みが見えてきました。

走行距離 69.72km
所要時間 3:21
走行時間 2:41
平均速度 25.9km/h
最高速度 64.9km/h
走行ルート

ブログランキング参加中。応援よろしくお願いします→にほんブログ村 自転車ブログへ Banner_03_2

| | コメント (0)

2008.02.13

2008/2/11 篭坊温泉

日帰り温泉ツーリング第1回、丹波篠山の篭坊温泉のレポートです。

2008_02110004 2008_02110007

朝6時過ぎに自宅を出発。まずは須磨離宮前を通過し白川台方面に向かいました。

土日の寒さに比べれば比較的暖かい日だったのですが、同じ市内でも北のほうはさすがに氷が張っていました。

2008_02110010 2008_02110008

左のような金網の穴をくぐって、寄り道をしてみました。白川大池というため池らしいです。

2008_02110015

岩谷峠を越えてさらに北へ。

途中、写真のような見晴らしの良い区間もあります。

淡河方面への下りは見通しの良いストレートが多く、66.4km/hも出てしまいました。

2008_02110020 2008_02110023

吉川町の緩いアップダウンを越えて、三田の千丈寺湖へ。

千丈寺湖周囲はサイクリングにぴったりののどかな道路が設けられています。

2008_02110026 2008_02110028 2008_02110030 2008_02110031

県道308号線を北上し、母子というところに着きました。お茶の産地だそうで、茶畑がたくさんありました。手打ちそばの店を見つけ、昼食に「母子そば」をいただきました。

2008_02110034 2008_02110037

県道49号線を通り、永沢寺、はなしょうぶ園の前を通過。上母子の交差点を左折し、篭坊方面に向かいました。

少しでも日陰に入ると道がシャーベット状の雪で覆われた危険なダウンヒル。ビンディングをはずして慎重に下ります。

2008_02110038 2008_02110039

篭坊温泉に到着。昔は有馬温泉と並ぶ名泉だったとは信じがたいくらいさびれた温泉街です。

渓山荘という旅館で温泉に入りました。一度に5、6人入ると満杯になる小さな温泉です。篭坊温泉唯一の露天風呂がありますが、露天風呂からの景色がいまひとつなのが欠点。

2008_02110043 2008_02110046

県道37号線で三田駅まで走り、神鉄で輪行して帰路につきました。

雪解けでウェットな路面が多かったため、帰る頃には車体は泥だらけでした。

今回は温泉が期待外れでした(途中の道は良い雰囲気でした)。次回はもう少しまともな温泉を目指したいと思います。湯郷温泉あたりが候補です。

走行距離 126.13km
所要時間 8:53
走行時間 6:04
平均速度 20.7km/h
最高速度 66.4km/h
走行ルート

| | コメント (0)

より以前の記事一覧